悪質肘打ちの選手は誰?ハンドボール選手が故意だと証明!

 

またまたスポーツ業界に、
衝撃的な事件が入ってきました。

 

ハンドボールの試合で、
相手選手に対して、

悪質な肘打ちをして、
反則を行うという内容です。

 

同じような事件として、
まだ日大アメフトの悪質タックルが記憶に新しいですよね?

 

今回は、
この肘打ち事件の情報を集めてみました!

 

スポンサードリンク

 

 

悪質肘打ちの内容は?

 

桃山学院高校と浪商高校のハンドボールでの試合の事でした。

プレーの最中、
浪商高校の選手が、桃山学院高校の選手に対して、

みぞおちに肘打ちをするという事件が起きました。

 

この肘打ちを食らった、
桃山学院高校の選手は10分間は立てない状態が続き、

苦しみから涙も流していたようでした。。。

 

その様子がこちら

 

この肘打ちが問題なのが、
故意に行ったのではないか??

という事です。

 

確かに動画を見る限りでも、
わざと肘打ちをしているようにも見えますね。。。

 

 

しかし、
悲しいことに、

この肘打ちは
この試合では問題になりませんでした。

事件が起きたのは後半13分。
浪商高校がパスを繋ぎながら攻めていた際に、桃山学院の選手がファウルをしたことで

審判がそのファウルに気を取られていたところ、
別の場所にいた浪商高校の選手が桃山学院の選手に強烈な肘打ちをしたということです。

その後、
桃山学院の選手や木村監督らが猛抗議しましたが、
審判からは行為を認められず試合続行。

 

その後、
証拠の動画などを抗議材料として、

調べていき、
このような事件として発展したそうです。

 

 

SNSで犯行予告?

 

実はこの肘打ちをした選手は、
SNSで前日にこのような事を言われてました。

 

 

この動画内で、
実名をかなり喋っていたそうで、

実際に、肘打ちを食らわせた選手は、
この名前を言っていた選手とう事もあり

 

何かしら、
攻撃することは故意に狙っていた

と言えるのではと推測されてます。

 

 

この動画を保護者は知っていた?

 

実はこの動画は、
桃山学院高校の選手と、

その保護者にも伝わっていた状態だったようです。

 

 

そのような、
不安がある中で試合を行い、

本当にこのような事件が起こるというのは
被害者や被害者の保護者からすれば、
たまったもんじゃないですよね!!!

 

我が子が攻撃されるかも?
という不安を抱えながら応援する保護者の気持ちは
相当、しんどかったとも思えます。。。

 

 

 

実は反則は2度行われた?

 

この加害者選手が肘打ちをしたのは、
試合の後半で

実は前半にも
明らかに故意に近いような反則を
同じ選手にしていました。

 

なので、
明らかに潰すつもりで反則をしているように見えます。

 

 

これに対して、
ハンドボール元日本代表の東俊介さんは
故意だという判断をしてます。

 

スポンサードリンク

 

 

問題点

 

この試合翌日に
両校の監督がきちんと場を設けて、

加害者選手と被害者選手が面会を行いました。

 

そして、
浪商高校は肘打ち行為について謝罪をしたそうです。

 

しかし、
桃山学院高校の監督は、
納得がなかったようで、

浪商高校に内部調査を頼んだそうです。

 

 

その結果、

「故意性や計画性のあるプレーではない」

 

 

と言われ、
あげくの果てに

大阪高体連

「故意ではない」という決定を下したそうです。

 

 

この結果に、
桃山学院高校の監督は

メディアを使い、
世間に訴えることにしたという流れだそうです。

 

 

 

 

この流れは、
以前、スポーツ界でも大問題になった

日大アメフトの監督、コーチや
全く機能していい日大広報部と同じような結果に近い気がします。

 

 

なので、

・浪商高校の監督、関係者
・大阪高体連

のヤミ問題に発展しそうな気がします、、、

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

浪商高校の対応は、
日大アメフトと同じ匂いがすると言われてます。

 

 

 

 

このヘラヘラしながら、
弁解をする浪商高校の監督にかなり批判が殺到しているようです!

 

 

 

 

今の段階で言えるのは、
また大人の汚い部分が垣間見えるのかなー

と言える所ですね。

 

メディアや会見を見る限り、
浪商高校サイドの関係者の発言に誠意を感じることはできないです。

 

 

そして、
加害者選手は故意に行ったと、私は思います。

 

なぜなら、
肘打ちをした後に、介抱をする気配もなかったからです。

 

10分ほど、立てないほどの
ダメージを受けていたのなら、

明らかに、
よくない状態だというのは見てわかるからです。

 

なので、
その時に、介抱も謝罪もないのは、
明らかに故意ではないという主張はありえないと感じます。

 

 

そして、
まだ被害者も加害者も未成年ということで、
顔写真や名前は、

公表されていません。

 

ここに関しては、
まだ犯罪行為でもなく高校生という事を考えれば、
仕方ない部分ですね。

 

 

この問題も、
日大アメフトと同じように、
闇が暴露される可能性も高いです、、、

まだまだ、
これからの展開がとても気になってしまう事件となりそうです。

 

 

また情報が入り次第、
記事も更新していきますね!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)