泉房穂が暴言で逮捕の可能性?度重なる部下へのパワハラが原因か…

 

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

 

兵庫県明石市の市長、泉房穂さんが、部下への

暴言パワハラ逮捕されるかもしれないという

ことについて情報をまとめていきたいと思います!

 

暴言やパワハラの真相について

調査していきます!

 

 

スポンサーリンク

 

 

泉房穂市長のプロフィール

名前:泉房穂

生年月日:1963年8月19日

出身:兵庫県明石市

職業、明石市市長、政治家

 

東大を卒業後、NHKに入社。

退職後、神戸市や明石市に弁護士事務所を設立。

 

2011年に無所属で選挙に出馬し、

当選した後、明石市市長に就任。

 

暴言騒動の内容は?

 

兵庫県明石市の泉房穂市長(55)が2017年6月、明石駅南の国道2号の拡幅工事に絡み、当時買収に応じていなかった地権者の建物について、市職員との内部協議で「火付けて捕まってこいおまえ。燃やしてしまえ。損害賠償を個人で負え」などの暴言を吐いていたことが28日、神戸新聞社の取材で分かった。

市関係者によると、市は12年ごろから明石駅南東にある交差点を改修し、以東を拡幅するため、地権者と土地買収を交渉。一部区間について、当時は1軒だけ買収がまとまっていなかった。現在は買収が終わり、拡幅工事を進めている。

泉市長は、市幹部に対し交渉が遅れていることを責め、「何しとってん7年間。おまえら1人ずつ1千万円出せ。自分の家売れ。その金ではろたれ」などと怒鳴った。また「ずっと座り込んで頭下げて1週間以内に(合意を)取ってこい」「責任取ってもらう。辞表出しても許さん」などと発言した。

会話の前後では、国道2号交差点で死亡事故が相次いでいることに言及。「市民の安全のためやろ。私が行って土下座でもしますわ」などと話している。

関係者によると、市長の発言で体調を崩すなどした職員はおらず、買収に関わった市幹部の1人は「かっとしやすい市長の性格で、計画通りにできなかった私たちが責められても仕方ない。パワハラとは思っていない」と話した。

 

どう思いますか?

これがパワハラじゃなければ

何がパワハラなのでしょう。

 

こんな都合のいい

理由が認められるわけ

ありませんよね…

 

ネットの反応は?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

泉房穂が暴言で逮捕の可能性?度重なる部下へのパワハラが原因か…

についての情報をお届けさせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございますm( )m

 

政治家は一体誰の為に

政治の仕事をしているのでしょうか。

国民の為ではないのでしょうか。

 

こんな暴力的な政治家がいては

国がよくなるわけないですね。

何とかならないものですか…

 

頭が痛いです…

 

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、

エンタメスクランブルでした!!

 

関連記事:小山大介が人身事故で死亡?駅伝のレース中に起きた惨劇がエグすぎる…

三原浩志の顔画像!2chの評判や反応は?なぜ殴る暴行を働いたのか解明



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)