いだてん(大河ドラマ) 低視聴率の理由はなぜ?!原因はアノ人だった??

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

 

2019年1月6日より放送されているNHK大河ドラマの「いだてん」が低視聴率にあえいでいます。

クドカンこと工藤官九郎が脚本を手がけ、豪華なキャストで話題となっていたにも関わらず視聴率が下がり続けています。

一体、何が低視聴率へと繋がっているのでしょうか??

 

 

 

 

いだてん 豪華すぎるキャスト陣

 

まず、低視聴率で完全にコケていると言える「いだてん」のキャストを一部紹介しましょう。

主演は中村勘九郎

さらにクドカン作品と言えばこの方、阿部サダヲさん

さらにビッグネームとして役所広司にビートたけし

他にも豪華なキャストは続き

・綾瀬はるか

・生田斗真

・松坂桃李

etc

脚本はヒットメーカーとして数々の高視聴率ドラマを手掛けたクドカン。

見るからに、力の入った制作ですね。

にも関わらず、初回から歴代ワースト3位という低調スタート。

その後も回を重ねるごとに低空飛行を維持しています。

一体何がお茶の間からウケない理由なのでしょうか?

低視聴率の原因① クドカンワールド

 

低視聴率の原因として挙げられる理由の一つが脚本を手掛けるクドカン。

クドカンと言えば、木更津キャッツアイなどドラマの脚本を数多く手掛けたヒットメーカーです。

民放には受け入れられたクドカンワールドもNHKでは難しい??

 

しかし、社会現象まで引き起こした「あまちゃん」を手掛けたのもクドカンです。

 

実は、クドカンは知る人ぞ知る落語ファンで有名です。

 

元々、独特な世界観を持っているクドカン

 

彼の手掛ける脚本は「クドカンワールド」と評され愛されています。

 

しかし、今回は落語愛が強すぎた結果

落語が好きな方しか理解できない演出が盛り込まれています

また、主演の中村勘九郎にちなみ

雨で紅白帽のインクが流れ落ち

こんな風になってしまう演出など

大河ドラマを見ている年齢層やこれまでのイメージとのギャップが原因で視聴者離れが起きているという見方もあるようですね。

 

低視聴率の原因② 巨匠ビートたけし

 

 

古今亭志ん生を演じ、ナレーションも務めているのは

巨匠 ビートたけし

志ん生を敬愛している事や、自身も落語家として高座に上がった事もあります。

クドカン同様、落語愛が強い一面を持っていますね。

 

ところが

ビートたけしのナレーションが非常に聞き取りづらいのです。

確かに、他の番組でビートたけしが喋っていて

なにを言っているか聞き取れなかった

そう感じたことがあるのは私だけじゃないハズ

 

狂言回しの立ち位置にあるハズのナレーションが聞き取りづらい

ビートたけしが低視聴率に拍車をかけているという意見も多いようですね。

 

 

最後に

 

いだてん(大河ドラマ) 低視聴率の理由はなぜ?!原因はアノ人だった??

についての情報をお届けさせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございますm( )m

 

 

東京オリンピックの開催を控え

関連性のある題材で臨んだ「いだてん」

NHKとしても今回の大河は力を入れていたハズですよね。

しかし、蓋を開けてみれば視聴率は低迷。

下手をすれば視聴率一桁も時間の問題という状況です。

王道のテーマや人物以外でも結果的に高い視聴率と注目を集めるNHK大河ドラマ

ややマニアックとも言える題材の黒田官兵衛なども人気が高かった事は記憶に新しいですよね。

過去の題材を考えれば

題材が悪かったという言い訳は難しいと言えます。

2019年NHK大河ドラマ「いだてん」

今後、どのようなゴールテープを切るのか目が離せませんね

 

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、

エンタメスクランブルでした!!