丸山晴茂の経歴や画像!うつ病や病気で脱退していた!?

 

みなさん、
丸山晴茂という方をご存知ですか?

有名ロックバンド
サニーデイ・サービスのメンバーの1人です。

 

今回、丸山晴茂さんが話題となっているので
その情報を集めてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

丸山晴茂のプロフィール

 

本名
丸山 晴茂(まるやま はるしげ)

生年月日
1970年11月6日(47歳)

出身
東京都

 

サニーデイ・サービスというバンドで、
ドラムを担当していたのが、

丸山晴茂さんです。

 

 

サニーデイ・サービスとは?

 

こちらのバンドは、
ボーカルの曽我部恵一さんを中心として1992年に結成されたバンドです!

 

こちらは2018年6月に発表された新曲になります!

 

透き通るような癒される歌声ですよね✨

結成して20年以上経ちますが、
いまだに人気が衰えないロックバンドでもあるようです!

 

 

実は1度解散をする

 

1994年にミニアルバムを出し、
メジャーデビューをしたサーデイ・サービスですが

2000年に解散をしています。

 

しかし、
2008年に再結成して

今、現在も活動を続けています。

 

 

丸山晴茂の経歴は?

 

丸山晴茂さんに関して、
詳しい経歴というのは、公開されていませんでした。

 

わかる事は、
サニーデイ・サービスに1995年にドラムとして加入し、
そこから3人で活動を続けるも

体調が途中からよろしくない状態だったそうです。

 

そして、
2016年2月に長引く体調不良の為に、
バンドを離脱していたそうです。。。

 

 

丸山晴茂の訃報

 

そして、今回、
丸山晴茂さんの訃報の情報がありました。

 

これに対して、ボーカルの曽我部恵一さんは
以下のようにコメントされています。

晴茂くんが、亡くなりました。

彼はもう何年も自分の抱えるアルコールの問題を克服しようと戦っていました。
2015年の夏を最後に、いっしょに音は出していませんでしたが、ぼくたちは彼が戻ってくるのを待っていました。

すぐに、ではなくても、生きていればいつかはまた三人で音を出せると信じていたし、そんな最高なことが起こるのが人生だと思っていました。

晴茂くんはぼくの大事な友だちでした。
ドラマーがなかなか決まらずくすぶっていたサニーデイに入ってくれたとき、彼はすでにプロの仕事を経験していて、ぼくたちにとっては音楽的な先輩と言った感じでした。こんなすごい人が叩いてくれる!そこでやっとサニーデイはバンドとしてのスタートが切れたのです。
おまけになかなか東京人とフランクに接せられない地方出身のぼくと田中でしたが、何故か晴茂くんとはすんなり自然と打ち解けることができました。
たぶん三人とも、似たような部分でシャイだったのでしょう。
まるで、ずっと昔から友だちだったような感覚でした。

それから経験したありとあらゆること、素晴らしい時間や景色、サニーデイの音楽、これらすべては更新されることなく永遠のものになってしまいました。

晴茂くんはやさしい人でした。
純粋な人、という言葉は彼にこそ使っていいものだと思います。
なにごとにも臆することなく、心から正直に行動できる人でした。本物のパンクスで、本物のロックンローラーでした。
計算高いタイプのぼくはよく彼に「晴茂くんは天使だから」なんてことを言っていました。そんなとき晴茂くんは決まって不思議そうな顔でぼくを見るのでした。
ぼくは晴茂くんが大好きでした。

サニーデイ・サービスを愛してくれたすべてのみなさん。晴茂くんのビートに身を委ね、彼を応援し、彼の復帰を待ってくれたすべてのみなさんに、感謝いたします。
どうもありがとうございました。

自分がいま音楽をやっているのは、晴茂くんと出会い、彼に力をもらったからです。
ぼくがひとりで作った歌をみんなが聴けるカラフルな音楽にしてくれたのは晴茂くんです。
いつもぼくの家族を心配してくれたこと、あなたのはにかんだような笑顔、あなたの冗談、あなたのやさしさ、ひたむきさ、自由さ。
ありがとう、晴茂くん。
さようなら。

平成30年7月15日
曽我部恵一

 

 

この文章から、
丸山晴茂さんは、

アルコール中毒だった??

というような推測ができます。

 

 

それに、
ファンに間では、

うつ病とも戦っていた?

という情報もあったそうです。

 

 

どれが真相かはわからないですが、
まだお若い年齢での訃報というのは

とても残念だと思います。。。。

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

丸山晴茂の経歴や画像!うつ病や病気で脱退していた!?

についての情報はいかがでしたか?

 

サニーデイ・サービスというバンドは、
どんどん解散などで

辞めていくバンドの中でも、
20年以上も続く人気バンドでもあります。

そのメンバーがこのような形で、
離れるというのも、とても悲しいな〜とも思いました。

 

これからも、
曽我部恵一さんは活動を続けていくようなので、

今後の活動にも期待ですね!

 

こちらの記事も読まれています

サニーデイ・サービスのボーカル
曽我部恵一の意外すぎる経歴とは?

 

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)