生田悦子の闘病生活の画像が衝撃的だった!!

 

みなさん、
生田悦子という方はご存知ですか?

ベテラン女優で活躍されている方でもあります!

 

数々の映画やドラマに出演され、
初代、白い巨塔でとても話題になった方でもあります!

 

今回は、
生田悦子さんが実は闘病していた
などの情報を集めてみました!

更年期うつなどを解説していこうと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

生田悦子の経歴プロフィール

 

本名
生田悦子(いくた えつこ)

生年月日
1947年4月8日(71歳)

血液型
A型

出身
福岡県

 

1966年
松竹へ入社

同年11月
映画『命果てる日まで』でデビュー

この頃、
独身時代のアントニオ猪木と交際していたそうです!

 

バラエティ番組『欽ドン! 良い子悪い子普通の子』(フジテレビ)では、
松居直美(当時14歳)、小柳みゆき(現・小柳友貴美、当時24歳)とともに

「よせなべトリオ」の一員(当時35歳)としてヒット曲を出すなど活躍した。

 

 

 

映画やドラマ、
歌も出され、様々な活躍をされてきた生田悦子さんです!

 

実は2006年に
闘病生活をしている事を告白されました。

 

 

生田悦子は闘病生活していた?

 

 

徹子の部屋に出演された時に、
闘病への思いを語られてました。

 

 

生田悦子さんが、
更年期うつになったのは、

40代の頃だそうで、

手や足など体の節々が痛くなったそうです。
そして、しまいには、上がらなくなってしまったそうです。。。

 

それが続いた後に、

目眩もするようになり、
多少のことでもイライラするようになったそうです。

 

このように精神異常も起こしてしまい、
更年期うつ病にまでなってしまったそうでした。。。

 

 

サングラスをしていると安心するだとか。。。

 

 

生田悦子さんは
闘病前の状態として

・セリフ覚えが悪くなった

・歩道の真ん中を歩けない。
誰かに見られているような気がしたため。

 

このような症状が続いてしまった為、
女優業を引退されたと言うことも言われてました。

 

 

2018年現在も闘病されていた?

 

そして、
2018年には

更年期うつはある程度、
改善されていたそうです!!!

 

 

 

残りの人生への想い

 

徹子の部屋では、
一人暮らしを現在はしているという事を言われていました。

ご結婚されている旦那さんとは、
別居しているようです。

 

 

そして、

自宅で倒れたら救急車を呼ばれず
そのまま息を引き取ることが
理想であると語っていました。

もし助けられて後遺症を残し、
迷惑をかけながら
生きていきたくはない

 

という想いを言われてました。

 

生田悦子さんが、
闘病を通して色々な想いを経験したからこそ

このような想いに行き着いたのかなーと思いますね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

生田悦子の闘病生活時の画像が衝撃的だった!!

についての情報はいかがでしたか?

 

今回、生田悦子さんがお亡くなりになった死因は、
虚血性心不全だそうです。

 

どうやら、自宅で就寝中の生田悦子さんに異変を感じ、
旦那さんが救急車に連絡したそうです。

 

なので、
別居をやめて、

また一緒に暮らされていたようですね!

 

 

徹子の部屋で
言われていた理想の形とは違っていましたが、

旦那さんのそばで
お亡くなりになれて良かったのかなーと個人的には思いました。

 

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)