浅利慶太と野村玲子(妻)の馴れ初めは劇団四季?肺がんって!?

 

みなさん、
浅利慶太という方をご存知ですか??

 

日本における演出家で、
あの劇団四季の創設に携わった方の一人でもあります。

 

 

今回、浅利慶太さんの、
訃報が届いたと言う情報が流れました。

 

なので、
浅利慶太さんに関する
話題の情報を集めてみました!

 

妻でもある野村玲子と浅利慶太さんの馴れ初めや、
肺がん疑惑の情報などをまとめてみます!

 

スポンサードリンク

 

 

浅利慶太の経歴プロフィール

 

本名
浅利慶太(あさり けいた)

生年月日
1933年3月16日

出身
東京都

 

なんと、
あの劇団四季の創設者の一人だそうで、

 

学歴は

永田町小学校(現麹町小学校)
慶應義塾高等学校
慶應義塾大学文学部仏文学専攻中退

 

そして、
1953年7月に、
慶應義塾大学、東京大学の学生、

同級生10人らで劇団四季を結成したそうです!

 

以下、引用です。

 

 

 

主に、ジャン・アヌイやジャン・ジロドゥ等フランス文学作品を上演する。
その後東京田辺製薬(現:田辺三菱製薬)にて宣伝・広告などのアルバイトをしながら[5]、日本テレビの「ジャングル・ジム」の吹き替えアテレコに劇団として参加した[6]

 

1983年
『キャッツ』初演において日本で初めて無期限ロングラン公演を成功させる

 

2006年10月
政府の教育再生会議委員に就任

2014年6月
四季株式会社の取締役社長を退任

 

2015年3月
新事務所の浅利演出事務所を設立し社長就任。

劇団四季とは別に独自の演劇活動を開始
第1弾公演は劇団四季でも公演した『オンディーヌ』で、
劇団四季はJR東日本アートセンター自由劇場を提供し協力

 

調べていくと、

浅利慶太さんの人生は
本当に演劇のような過酷な人生だったようで、

ちょっとここでは書けないような内容も多々ありました(笑)

 

しかし、
演劇にかける情熱はすごかったらしく、
亡くなられた今も、

 

浅利慶太さんという方は、

・日本のミュージカルが盛り上がった

・多くの俳優が育った

・日本の演劇界にとって偉大な方

 

という言葉を残される方が多かったです。

 

 

次にそんな浅利慶太さんを支えた、
妻の野村玲子さんとの馴れ初めを調べてみました!

 

 

浅利慶太と妻、野村玲子の馴れ初めは?

 

実は、
浅利慶太さんは2度の離婚経験があるようで、

野村玲子さんで、
3回目の結婚だそうです!

 

1人目の妻は
同じく劇団四季
創設者メンバーである藤野節子さん

そして2人目は
劇団四季所属の女優であった影万里江さん

 

二人とも劇団四季関係ですね!

 

そして、野村玲子さんはミュージカル女優を目指して

1981年に上京して劇団四季の研究所に入ったそうです。

 

 

こちらが野村玲子さんです。

 

そして、
こちらが『美女と野獣』の主演を務めた時だそうです!

 

そして、
2003年に、
お二人は結婚されたそうです!

 

なので、
浅利慶太さんの奥さんは、
全員、劇団四季繋がりですね(笑)

 

 

 

野村玲子さんの現在は?

 

野村玲子さんは、
現在、浅利慶太さんが立ち上げた劇団事務所

『浅利演出事務所』の創設兼、劇団員メンバーで、
今でも主演などで活躍されているようです!

 

 

 

 

浅利慶太と野村玲子に子供はいる?

 

浅利慶太さん野村玲子さんの間に、
どうやらお子さんはいないようです!

 

そして、
浅利慶太さん過去の妻の二人の間にも
お子さんがいるというような情報はなかったです。

 

なので、
浅利慶太さんには、
一人もお子さんがいない可能性が高いですね!

 

予想ですが、
浅利慶太さんは壮絶な人生を過ごしてして、
その影響でお子さんを残すという発想がなかったのかもしれないですね。。。

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

浅利慶太と野村玲子(妻)の馴れ初めはについての情報はいかがでしたか?

 

野村玲子さんと検索すると、
『肺がん』という検索ワードもでてきますが、

調べたところ、
同姓同名の野村玲子さん肺がんという事だったので

浅利慶太さんの奥さんの野村玲子さんが肺がんという事ではないようでした。

 

 

浅利慶太さんは、
どうやら認知症を患っていたようで、

妻の野村玲子さんは、それを支えていたそうです。

 

今回は、
このような残念な結果になってしまいましたが、
劇団四季というここまで世界的に有名な劇団を立ち上げ

伸ばしてくれた浅利慶太さんには感謝だなと思います。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます

心よりご冥福お祈りいたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)