常田富士男の経歴や妻は誰?画像や馴れ初めが意外だった!?

みなさん、
常田富士男という方をご存知ですか?

日本の俳優、声優として活動され

あの日本昔話のナレーターとしても
活躍されていた方でした。

 

 

今回、常田富士男さんの訃報が届きました。
なので、常田富士男さんの情報を集めてみました。

 

スポンサードリンク

 

常田富士男の経歴プロフィール

 

 

本名
常田富士男(ときた ふじお)

生年月日
1937年1月30日(81歳)

出身
長野県

 

次に、
常田富士男さんの経歴を載せていきます。

長野県下高井郡上木島村(現・木島平村)で生まれる

定職を持たぬ父とともに東京・浅草、横浜、静岡、九州を転々とする、

小学3年時より熊本県阿蘇郡南小国町で育つ。

中学を卒業すると親元を離れ、熊本県立済々黌高等学校定時制に通う。

 

高校卒業後、
上京して劇団民藝養成所へ入所。

 

1963年
黒澤明監督作品『天国と地獄』に出演

1965年
『赤ひげ』に出演

 

養成所を出た後は、劇団員にならず、
1969年に米倉斉加年らと劇団青年劇場を結成する

 

『バス通り裏』や『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』への出演で知られる一方、
1975年から1994年までは『まんが日本昔ばなし』で

すべての登場人物の声を市原悦子と2人のみで長年に渡って演じたことでも有名
(復活を望む声が多く、2005年からはゴールデンタイムで再放送された)

市川崑からは重用されており、計13本の作品に出演した。

 

1977年、「まごころの政治」を掲げて保谷市長選に立候補し、中村敦夫らの応援を受けるが落選した。

1986年、第4回日本アニメ大賞声優部門特別演技賞を受賞。

1995年、第30回モービル児童文化賞を受賞。

 

俳優として、
数々の作品に出られています。

 

その傍ら、
実はナレーターとしても多く活躍し、
今の若い世代ではこちらの方で

聞いたある!!!

という声が多いようですね

 

 

 

 

 

この、まんが日本昔ばなしで

『むかーし、むかし、、、』と言われている方が
常田富士男さんです!

 

 

小さい頃は、
よくみていたアニメなので

なつかしーーって感じがしますね!

 

その他にも、
ひょっこりひょうたん島
世界・ふしぎ発見!

などのナレーションを務めていたそうです!

 

 

常田富士男の妻は誰?

 

常田富士男さんには、
お子さんがいることがわかっていますが

妻や馴れ初めなどに関しては、
情報が公開されていないようです!

 

そして、
妻の名前も画像も一切なかったです。。。

 

ここはわかり次第、
情報を公開していきますね!

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

常田富士男さんの経歴や妻に関する情報はいかがでしたか?

日本人なら、
大半の方が聞いたことのあるナレーターだったと思います。

 

なので、
今回の訃報はとても悲しいですね。。。

 

心よりご冥福お祈りいたします。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)