ヒカキンが猫をお風呂に!!その入れ方は正しいのか調査!!

 

エンタメスクランブルを

閲覧いただきありがとうございます!

 

今回ですけども!!

 

ヒカキンお風呂に入れてたけど、

あれって正しいの?

との声があり、調べてきました(^^)

 

ヒカキンさんが飼っている

まるおともふこ、

すっごく大事にされてますよね!

 

そこで、猫のお風呂の入れ方を調査!

 

ヒカキンさんのお風呂の入れ方は

今後もっと良くなるのでしょうか!?

 

くわしく見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ヒカキン 猫のお風呂の入れ方

 

 

 

この動画で見てわかるのは

まるおくん本当におとなしい(笑)

 

ぬるめのシャワー

当てているようですね。

 

それに、顔に水が

かからないようにしています

 

シャンプードライヤーなど、

猫用のグッズもしっかり

手に入れてらっしゃいますね!

 

猫のお風呂の入れ方

 

 

①お風呂入れる前にブラッシング

お風呂に入れるときの

抜け毛を減らせるんだそうですよ。

 

②バスタブ用意

猫が小さいときは、

ヒカキンさんみたいに

洗面器やキッチンの流しでもOK!

 

③洗うときは首から下へ

ノミがもしいたときに

頭に逃げることを防ぐためだそうです!

 

④しっぽの根本、お尻を洗う

独特の分泌物を出す器官(臭腺)が

しっぽの根元にあるようですし、

なにかと汚れやすいので念入りに!

 

嫌がる子もいますが、

優しく根気よく洗いましょう。

 

⑤最後に顔を洗う

歯ブラシなどで

優しく洗ってあげるといいようです。

顔に水がかかると、

猫は嫌がってしまうようです。

 

⑥しっかりすすぐ!

怖がらせないように

体にシャワーを近づけて

すすいであげましょう。

 

⑦ドライヤーで乾かす

厚めのタオルで体を拭いて、

ドライヤーの音を怖がるようなので、

慎重に乾かしてあげましょう。

 

ヒカキンの動画でわかること

 

 

ヒカキンさんは

猫を本当に大切にしています。

 

まるおともふこも

ヒカキンさんを信頼しています。

 

猫が苦手だったり

怖がったりすることを

しっかり把握してますよね。

 

「大丈夫」と声かけしていることも

ヒカキンさんの愛情を感じました。

 

ヒカキン 猫のお風呂をよりよく

 

 

もふこちゃんは

ちょっと怖がりさんみたいですね。

 

でも、ヒカキンさんの

足元に隠れているので、

信頼関係はあるようですね。

 

それでもちゃんと

お風呂に入ってくれるのは

本当にいい子です(^^)

 

そしてまるおくんは

あまり抵抗はしないようですね。

めちゃくちゃいい子…!

 

そんないい子な2匹をもっと

大事にできたら素敵ですよね!

 

ヒカキンさんが今後

お風呂に猫を入れる際の

アドバイスをまとめてみました!

↓ ↓ ↓

 

周囲の反応

 

 

 

 

https://twitter.com/xxx_mikya/status/1059750637921914880

 

 

アドバイスを送る方々が

皆さんとても優しいですね…!

 

まるおくんともふこちゃんのため、

ヒカキンさんのお風呂の技術は

もっとレベルが上がりますね♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

今回は

ヒカキンが猫をお風呂に!!正しいやり方と比べてみると…

についての情報をお届けさせていただきました。

 

ヒカキンさんの猫ちゃんは

ネット上でも本当に大人気です!

 

まるおくん、もふこちゃんを

動画で見るのを楽しみに

待っている人も多いようです。

 

ヒカキンさんの努力で

大事にされているのが

伝わってきますよね!

 

多忙なヒカキンさんだけでなく

ファンも癒やしてくれる2匹には

元気でいてもらいたいです。

 

これからももっと

調べていきますね(^^)

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、 エンタメスクランブルでした!!

 

こんな記事も読まれています!

↓ CLICK!! ↓

 

久保建英 高校はここ出身!!通信高校ってマジ!?

キングコング西野 クズ 理由調べてみたらスゴかった!!

小川アナ NEWS23 MC就任でTBSに大打撃!?報復ってマジ!?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)