新日本プロレスの喧嘩番長「金本浩二」が逮捕。タイガーマスクの歴史を汚した逮捕の理由とは?

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

 

新日本プロレス

3代目タイガーマスクでもあった

金本浩二容疑者が

逮捕されました。

マスクを脱いだ後は

喧嘩番長と呼ばれ

ラフなプレイを売りにしていた金本容疑者。

一体何があったのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

金本浩二容疑者のプロフィール

 

 

 

生年月日
1966年10月31日

身長 180cm

体重 80kg

出身 兵庫県神戸市長田区

 

1990年に新日本プロレス入門

翌1991年にメキシコへ武者修行へ

1992年に帰国後「3代目タイガーマスク」に。

1年足らずでマスクを脱ぎ、アメリカ遠征。

その後は金本浩二としてジュニアヘビー級で活躍。

2013年、新日本プロレスを退団。

フリーとして活動していたが

2019年3月1日   逮捕

 

逮捕の理由は?

 

金本浩二容疑者が逮捕されたのは

2019年3月1日

「妻への暴行」の疑いで

逮捕に至ったようです。

 

まぁ、プロレスラーで

しかも

喧嘩番長と呼ばれる方ですから

逮捕の理由が

暴行

なんとなく、あぁやっぱり感はありますよね。

しかし、「妻への」という所は

かなり問題ですよね。

 

事件自体の概要は

神戸にある自宅マンションにて

妻を殴ったとして

1日に暴行の疑いで現行犯逮捕に至ったようです。

幸い、奥さんに怪我は無かったようですね。

 

警察の調べによると

「妻が携帯を勝手に見て浮気を疑ってしつこく詰問してきた」

これが原因で殴ったそうです。

生後数か月の息子さんと3人暮らし。

奥様も25歳とお若いのに・・・。

なんとも情けない理由で逮捕されたものです。

 

堕ちたタイガーマスク

 

3代目タイガーマスク

として活動していた時期もある金本容疑者ですが

一年足らずでマスクを脱いでいます。

これは、歴代のタイガーと自分のスタイルが

噛み合わなかった事が理由です。

 

タイガーマスクとして活躍するレスラーは

様々なタイプがいる事は有名です。

元々はアニメのキャラクターだったこともあり

原作を踏襲した

「正義のヒーロー」キャラと

軽やかな動きと力強さが

タイガーマスクに求められるイメージでした。

初代の佐山聡

2代目の故三沢光晴

この二人が作り上げたタイガーは

金本容疑者には

重く、辛い役割だったのかもしれませんね。

 

マスクを脱いでからの金本容疑者は

喧嘩番長

の異名通り、対戦相手を負傷させることも厭わない

激しいラフプレーで有名になっていきました。

 

マスクと共に、正義の心も失ってしまったのでしょうか・・。

 

タイガーを短期間とは言え名乗っていた選手だけに

今回の事件は内容も含めて

非常に残念ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

新日本プロレスの喧嘩番長「金本浩二」が逮捕。タイガーマスクの歴史を汚した逮捕の理由とは?

についての情報をお届けさせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございますm( )m

 

 

再婚し、親子程に歳の離れた若い奥様に暴力。

奥様が浮気を疑い

携帯を勝手に見た事が原因のようですが

裏を返せば

浮気が疑われる行動があった、とも言えますよね。

御年52歳

まだまだお盛ん・・・という事でしょうか。

 

血気盛んは結構ですが

プロレスラーが

「女性に」

暴力を働く事は

絶対に許されない事です。

リングの上では無敵のヒーローでも

リングを降りれば素晴らしい人格者。

タイガーマスクの様に

あってほしいものです。

 

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、

エンタメスクランブルでした!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)