次世代の動画配信アプリ「17live」使い方や評判などは?

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

 

いま若者を中心に人気の

アプリ17liveについて

紹介していこうとおもいます。

 

使い方は、とても簡単で

誰でもすぐに動画配信できてサービスなんです!

 

プラス、そこから収入を得る可能性もあるので

実は仕事にもなるかもしれない優れものです!

 

 

17liveとは


冒頭でも説明したように誰でも簡単に生配信できちゃうアプリです。

台湾発の動画配信アプリで、

アジアナンバー1

人気を誇っており日本でも、話題になっているアプリです。

 

 

若い世代を中心に利用者が増えていて小さい子どもから上は70代までの人が利用していて、日本でのユーザー数もうなぎ登りです。

まだまだ増えていきそうな

今、勢いのある動画配信アプリです。

 

なので、今日はスマホアプリ17live使い方を紹介していきます。

 

どのような仕組み?

 

参加ユーザーは、好きな配信者を見つけると

ファンとして応援する事ができます。

 

それをわかりやすい形にしたのがギフト機能です!

簡単に言うと投げ銭ですね。(笑)

 

 

主に視聴しているファンが配信者に向けて投げ銭することで、それが収益になり稼げる仕組みになります。

このギフトという仕組みでかなり稼がれた方もいるらしく、

メディアにも取り上げられた凄い人たちを紹介していこうとおもいます。

 

テレビに取り上げられた凄い配信者

上の画像の方はなんと月1億円稼いだ事もあるらしく、テレビに取り上げられました。

 

小雪さんと言う方で

もはや伝説ですね。

 

他にも

この方も同じ番組で取り上げられた方で

一回のギフトで12万円稼いだみたいですね。

凄いですね。

 

ここまでで稼げると言うのは分かったとおもうので、

次はどうやってはじめるのかを教えていこうとおもいます。

 

どうやって使うの?

まずは、スマホにアプリをインストールしましょう。

 

アプリをインストールしたら登録画面が出てきます。したの画像と同じ画面です。

 

 

この画面には、

·Google ID

·Twitter ID

·LINE ID

·17 ID

と出てくるのでどれか、すでに持っていればすぐ登録できます。

 

17IDというのは、新しくIDをつくって登録するやり方で、他のIDを使いたくない場合やIDを持ってない場合はこっちの方で登録出来ます。

IDと性別の設定後は、パスワード設定→電話番号入力→6桁のコード認証→最後にニックネーム、プロフィール画像設定の流れで完了です。

 

次は、配信のやり方です。

 

配信する流れ

登録が終わったら下のような画面になります。

 

まずは、マイページからプロフィール画像を登録しましょう❗

(最初に登録するときにプロフィール画像設定した人は、大丈夫です。)

 

17はプロフィール画像を登録しないと配信できないので、配信するのが目的のひとは最初に必ずプロフィール画像を登録しよう。

プロフィール画像まで終わったら。

画像と同じ所をタップします。

 

 

そして上のような画面が出てくるので、ライブ配信というところをタップします。

 

 

そして、上の画面が出てきたら、タイトルやカテゴリーなどを設定して一番下のライブ配信を作成というところをタップすると配信がスタートします。

以上が配信までの大体の流れになります。

特に難しいことはないので誰でも出来そうですね。

もちろん配信するだけではなくて他の人が配信している動画を視聴することもできます。

視聴も生配信も、もちろん無料で利用できます。

 

最後に

 

稼げるおすすめ動画配信アプリ17live 

についての情報をお届けさせていただきました。

17liveで人気の配信者は、かわいい子やカッコいい子がおおいみたいですよ。

 

なので、顔に自信がある人はユーチューブとかよりはこういうアプリのほうが稼ぎやすいかも知れないですね。

配信しない人も自分のお気に入りの配信者が見つけやすく、ギフト機能を使ってより配信者との距離が身近にかんじられるかもしれませんよ。

 

 

まずは実際にダウンロードされて

どのような配信者がいるかチェックされてみてくださいね!

 

ダウンロードはこちらをクリック

↓  ↓

イチナナ

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)