幼稚園が倒産!川崎市内の認可外「A.L.C.貝塚学院」に非難殺到!計画倒産か?

 

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

 

川崎市内にある認可外幼稚園A.L.C.貝塚学院」が

倒産と閉園を保護者に突然通告し、動揺が広がっています!

これから保護者と家族はどうなるの?

ネットの反応も見ていきましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

A.L.C.貝塚学院

 

 

(有)アメリカンラングエイジセンター

TDB企業コード:200747252

資本金1600万円

神奈川県川崎市川崎区渡田山王町20-35

代表 鈴木美代子

3月27日までに事業継続を断念し、近く自己破産申請の意向であることが判明。

 

 

A.L.C.貝塚学院 破産!

 

認可外幼稚園 倒産

 

川崎市や保護者によると、園から突然の通告があったのは3月26日夜。前日に卒園式を終えたばかりで、既に来年度の授業料も振り込まれた後だった。また、職員にも同日まで知らされていなかったという。

「A.L.C.貝塚学院」は、学校教育法に定められた「幼稚園」の定義に当てはまらないため、行政では「幼稚園類似施設」あるいは「幼児園」の名前で位置づけられている。

園から保護者に送られたメールでは「認可幼稚園無償化の影響を受けた」ことも、事業が継続できなくなった原因と記されている。

また、関係者に送られた別の通知によると、「少子高齢化による入園児数の減少で運営は厳しい状況になっていた」ところに、無償化が追い打ちをかけたと説明されている。また、今後倒産の手続きをするとしている。

 

運営しているのは有限会社アメリカン・ラングエイジ・センター。同園は1976年創業という老舗の施設だ。英語や幼児教育に力を入れている大規模な園で、この保護者によると、現在300人近くが通っている。

延長保育で子どもを午後6時まで預かっていることから、待機児童問題によって保育園に入れず、やむなく通わせている親も多いという。

突然の閉園について、同市こどもみらい局子育て推進部の担当者は「保護者の問い合わせで事実は把握しているが学校教育法上の『幼稚園』ではないため、園についての情報はまだ得られていない」という。

ハフポストの取材に応じた保護者は、現在4歳の娘を園に通わせており、突然の閉園通告を受けて戸惑っている。来年度の授業料も支払い済みで「このタイミングでの通知はおかしいのではないか」とも。

現在の仕事を続けるために、27日朝から近隣の幼稚園にも問い合わせをしているが、どこも空きがなく、現在まで行き場は見つかっていないという。 (ハフポスト日本版/泉谷由梨子)

 

 

 

ネットの反応は?

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

幼稚園が倒産!川崎市内の認可外「A.L.C.貝塚学院」に非難殺到!計画倒産か?

についての情報をお届けさせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございますm( )m

 

代表である鈴木美代子さんは、一体どういうつもりなのでしょうか?

保護者の方々は分からないことだらけで、お金も返ってきません。

この事件に関しては、これからも追っていきます!!!!

絶対に風化させてはいけません!!!

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、

エンタメスクランブルでした!!

 

 

関連記事

三好琢也のFacebook顔画像!住友商事 OB訪問で起きた卑劣な犯行!

下松工業高校 教師の顔画像や名前は?バリカン暴言で生徒をいじめた理由は?

松村匠、暴行事件で山口真帆に謝罪要求?松村匠の経歴や年収は?

あかつき保育園で不適切保育!音声があまりにも酷すぎる・・・

酒井佑太のFacebook 顔画像!アポ電強盗、逮捕!!SNS特定済み

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)