研音事務所へ山口真帆が移籍!!どれだけ超難関の大手事務所か調べてみた!!

 

エンタメスクランブルを

閲覧頂きありがとうございます!

 

今回ですけども!!

山口真帆が移籍した研音事務所ってどんなところ?

との声がありましたので、調査しました(^^)

 

くわしく見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

研音事務所はまず超大手!レコード大賞も出しまくり!!

 

 

研音事務所がどれほどの大手であるのか、

あまりパッとわからない方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは研音のこれまでの業績を

Wikipediaを参考にまとめてみました!!

↓ ↓ ↓

 

①レコード大賞をバンバン出しています!!

 

1974年 浅野ゆう子さんが日本レコード大賞新人賞受賞

1981年 堀江淳「メモリーグラス」&増田恵子(ピンクレディ)「すずめ」ヒット

1985年 中森明菜「ミ・アモーレ」日本レコード大賞受賞

1986年 中森明菜「DESIRE」日本レコード大賞受賞

1986年 石井明美「CHA-CHA-CHA」日本レコード大賞新人賞

 

②有名な俳優もたくさん所属している

 

浅野ゆう子さん、唐沢寿明さん、

山口智子さん、反町隆史さん、竹野内豊さんらなど

トレンディドラマ主役級の俳優を次々と輩出していきます。

 

それと同時に音楽部門ではさらにヒット曲を出しています。

 

③今でも知られているアーティストを輩出

 

平井堅さんのthe brilliant greenがヒットするだけでなく、

2006年には絢香さんがブレイクを果たしています。

 

 

研音事務所に入ることはこんなに難しい!!

 

 

こちらのサイトによると、

まず倍率が1000倍でも全員不合格

ということもあるそうです。

 

そもそも、倍率が参考にならないほどの難関のようですね。

 

噂の域を出ないようですが、なんと

3000人オーディションを受けて、一次審査で

10人しか残らなかったこともあるようですね。

 

全員不合格ということもあり得るほどに、

所属する人間を厳選しているのがこの「研音」という事務所です。

 

こういったところへ無事に移籍が決定した山口真帆さんは、

まさにシンデレラのようですね!

 

周囲の反応

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

今回は

研音事務所へ山口真帆が移籍!!どれだけ超難関の大手事務所か調べてみた!!

についての情報をお届けさせていただきました。

 

今回山口真帆さんが移籍することになった研音は

所属している人もかなり豪華なので、

ネット上では「シンデレラストーリー」とも言われているようですね。

 

事務所が山口真帆さんに声をかけたという情報もありますから、

かなり異例のことだったのではないでしょうか?

 

大きな事務所に守られることになったと思うので、

 

ますます山口真帆さんの今後の活躍が楽しみですね。

 

ファンの方は特に安心したのではないでしょうか。

こちらもちょっと、ホッとするニュースでした♪

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、 エンタメスクランブルでした!!

 

こんな記事も読まれています!

↓ CLICK!! ↓

 

ヒカキン 本名は珍しい!!まるでペンネームのような名前!!

森高千里 現在がカワイすぎると話題に!!過去と比較してみたら…【画像あり】

山口真帆が握手会に参加 厳戒態勢のなかファン号泣!!AKSによる監視説も?