日大アメフト宮川選手が会見で謝罪と真相を語る!かわいそうとの声?

 

悪質タックル問題で、
タックルし怪我をさせた
日大選手の宮川泰介さん謝罪会見をしました。

この時の試合に対しての心境を語りました。

 

まずは、
どのような経緯でここまでいたったのか??

 

スポンサードリンク

 

 

宮川泰介さんのプロフィール

 

名前
宮川泰介(みやがわ たいすけ)

生年月日
1998年2月26日

年齢
20歳(2018年5月現在)

出身校
日本大学豊山高等学校

大学
日本大学3年生

ポジション
ディフェンシブライン

背番号
91番

 

宮川泰介選手は、
現在20歳の大学三年生です

 

スポーツ記者も注目の選手だったようで
U-19の日本代表選手にも選ばれる程の実力者です!

 

なぜ、
そのような実力のある若者がこのような行為をしたのか??

 

 

 

そもそもの原因は?

 

日大のアメフトの監督である、
内田監督が原因だと言われてます。

 

・監督の命令は絶対

・逆らえば試合には出れない

 

そして、
この選手はあまり内田監督の評価が良くないらしく
練習すら参加させてもらえていない状態だったようです。。。

 

そして、
この問題が起きた試合では

宮川泰介選手に

『選手を潰してこい』

『あの選手を壊してくれたら…』

などと指示され、

『いうこと聞けば、試合に出してやる』

という、プレッシャーをかけられていたようです。

 

そして、
宮川泰介選手は逆らわずに、
この試合、3度のラフプレーをし、

相手選手に怪我をさせました。

「悪質タックル」の画像検索結果

 

 

 

更なる問題とは?

 

宮川泰介選手や、他の部員は、
監督に指示されたという意思表示をしているが、

 

当の内田監督

『選手との間に受け取りの乖離(かいり)があった』

として、指示を否定

 

ようは、
・私はそんな強く言ってない、

・彼が勝手に怪我させなければと勘違いした

と、学生の彼が悪いという言い方をしています。

 

 

この責任逃れが今、
世間を騒がせています。。。

 

この発言は、
監督として、大事な選手を育てるという教育者としては
ありえない発言だと思います!!!

大事な生徒を切り捨てるような発言は、
不快感しかないですね。。。

 

 

スポンサードリンク

 

 

更なる問題2 刑事問題に発展か?

 

この問題に対して、
被害者の父親は被害届を警察に提出しました。

 

この件に対し、
日大広報部がこのようなコメントをしました。

「反則行為によって、被害を受けられた関西学院大学の選手に心より謝罪とお見舞いを申し上げます。被害届を出されたことを真摯に受け止め、日本大学として、第三者による委員会を設けて、あらためて原因の究明に取り組んでまいります」

 

たったこれだけです。。。

記者会見を開くや、
実際に謝罪に行くという様子は一切なしです!

 

この態度は、大学側もちょっとおかしいのでは?
と本当に思います!

 

 

とある記者が語る真実

 

宮川泰介選手の活躍を知り、
何かがおかしいと悟った記者の方が、このようなコメントをしています。

去年の甲子園ボウルでの彼の活躍をはっきり覚えていたので、いったい何が起こったのかと感じた。フィールドから出てきた彼はスタッフに促され、ベンチ奥にあった負傷者用のテントに入った。私はそこに近づいた。

彼は泣いていた声を上げて泣いていた

同じポジションの選手が肩に手を置いて、言葉をかけていた。
関学側に回って、テントの入り口からのぞく彼の背中を撮った。

宮川泰介選手のテントの様子

引用元:yahooニュース

 

この様子から、
この選手はやりたくない事をやらされたのでは??

という推測もできます!

 

確かに、3度も反則行為をした後に、
声を出しながら涙を流すというのは

異常でありえない事だと思います!!!!

 

スポンサードリンク

 

 

日大教育組合が声明文を出す

 

とうとう、
日大の身内からも批判の声が上がってきました。

一連の騒動で低下した社会的信用を回復するため、
真相究明、大学改革などを求める声明文同大の人事部に提出した。

提出後に取材に応じた教職員連合の菊地香執行委員長(52)は、同大が会見を行っていない現状に対し「ちゃんと社会に対して説明すべき」と語気を強めて訴えた。

「在学している学生、卒業生がこの大学に来て良かった、
卒業して良かったと思っている学生がほとんどの中、こういった問題が起きてしまったことが非常に残念。

今後こういったことが起きないように、大学運営に関して見直していただきたい、
という趣旨です」

と声明文を出した理由を説明。

 

「運動部の学生さんがそういうイメージで取られてしまうのが非常に心外で、普段だったらそういうことを気にしない学生たちが『我々はそういう部ではない』と学生同士であえて確認している」と教員の立場から見える現状を話し、「早くこういう問題が解決してくれたらいいなと思います」と苦しい胸の内を明かした。

教職員組合は、後日記者会見を開き、組合の意見や詳細については改めて説明するとしている。

引用元:日刊スポーツ

 

今回の件で、
日大のイメージ、就職活動している生徒、先生たちの評判

など、色んな面で
大変な状況になってしまっていると言えます!

 

この信頼を回復させる為にも、
学校側も誠実な対応を続けてほしいと思います!

 

 

 

宮川泰介選手の記者会見の様子

 

内田監督の指示に従って反則行為をした、
と言ってますが、

この会見で、この事件の真相を語るそうです!

 

監督が謝罪して辞任するという
会見をしてのにも関わらず、

今回、宮川泰介選手は
自ら記者会見をすると決意しました!

 

 

【追加情報】

どうやら、この会見の前に内田監督に
『公の場で謝罪をしたい』という旨を
親御さんと一緒に話に行った所、

断られ止められたそうです。。。

 

なので、
今回、全国の皆さんに謝罪をしたいという
気持ちから、会見を開く決意をしたそうです!

 

 

 

【記者会見の追加情報】

 

宮川泰介選手の新事実、コメント

・この会見は事実を語るだけでなく、
怪我をさせてしまった被害者、その家族、
関西大学のみなさんに謝罪をしたいという気持ちが第一なので、顔出し、名前の公表をしている。

※親御さんも本人の強い意志で顔出しを了承する

 

 

なぜ、会見なのか?
謝罪をしようとしたら、
内田監督本人に止められた
関西大学からも文面が納得いかないので謝罪を断られていた
なので、会見を開いた説明する。

 

記者会見までの経緯
父親と一緒に関西に出向き、
被害者本人とその親御さんに謝罪をする
約1時間ほど謝罪をした

監督から乖離があると言われ、
真実が消されるのは嫌だという気持ちもあり会見

 

・監督から日本代表を辞退しろとを言われた
しかも日本代表に言っちゃダメだよと言われた

・試合3日前も練習を外された

・怪我をさせる事を指示される

・『怪我したらこっちの特』と発言する

・井上コーチから『QBを潰すから僕を使ってほしいと言え』と言われた

・やらないと後がないと思った

コーチと監督は、明らかに怪我をさせるように指示された

 

・『できなかったとは言わせない、やらなきゃ意味ないよ?』と言われる

・試合中さんざんQBを潰せと指示される

・泣いていた所をコーチに泣いていたのを見られた
こいつが成長してくれるなら、相手はどうでもいいという発言をする

・相手に悪いと思っている所が悪いと気持ちを否定される

・監督には気にするなと言われた

・事実のメモを公表すると内田監督に親御さんが言いに言ったが、
公表できない、止めて欲しいと止められた

・相手QBに直接謝罪をしにいく

 

 

【記者会見の追加情報2】

 

監督の指示があったとしても、
自分が怪我をさせてしまった責任に謝罪したい

 

 

記者からの質問

内田監督、コーチに対して
今回は自分が悪いので、何も言うことはない

 

部内でのご自身のあり方
日本代表に行くなと言われた時も、なぜですか?

と言える関係ではなかった
意見を言える関係ではない

・危険タックルの理由
監督、コーチのプレッシャーがあったにしろ、
自分で判断できないのが悪かった

怪我をした選手は、
僕の謝罪をただ頷いてくれた

 

・試合直後、涙を流した理由
退場後から辛い気持ちがあった、
やるしかないという気持ちがあった

QBが怪我したらこちらの特だろ、
という指示を怪我させろという意味で捉えた

実際に、試合や練習に出してもらえなかった事があるので
逆らえない関係であった

 

・ご自身にとってアメフトは?

高校からアメフトを始めて、熱中していた
大学に入って、厳しい環境で徐々に気持ちが変わって行ってしまった

気持ちは好きから、あまり好きではなくなってしまった
厳しい環境に身を置くのがしんどくなった
一概には原因はわからないが徐々に好きではなくなった

 

・今後はどのように過ごす?

今後、アメフトを続ける権利はないし、
今後、アメフトをやることもない。

今は、何をしていいかはわからない

 

・監督、コーチに対して、
信頼はコーチに関してはあったかも
内田監督とは元々話す関係ではないので、
信頼というのがそもそもない

 

その時の自分は違反行為をしないという選択ができなかった
試合の3日前に練習にも出してもらえなかったので
拒否できず、やるしかなかったという気持ちしかなかった

なので、追い詰められていた

 

 

 

こちらが今回の記者会見のまとめです!
衝撃の新事実でした!!!!

 

みなさんはこの内容、
どう思われますか???

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

今回の問題は、
日本全体を揺るがす大問題となりました。

宮川泰介選手の今後、
日大の信頼はかなり大変だと思います。

 

宮川泰介選手は逃げずに記者会見に挑んでます。

それに比べ、内田監督は逃げる行為をしてるようにしか見えません!

 

今回の内容が事実なら、
コーチと監督は悪意のある行為として

刑事事件になる可能性があがりました!

 

衝撃の内容でしたが、
今後の日大からの表明

内田監督、井上コーチのコメントが気になる所です!

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます♪

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)