吉田輝星のドラフトレポート公開!大学よりプロを目指すべき!?

 

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

 

高校野球でNo1投手と呼ばれるほど
話題になっている金足農業高校の吉田輝星さんの

公開されているドラフトレポートをまとめて見ました!

 

これを見れば、
大学進出ではなく、プロを目指した方がいいと思うはずです!(笑)

 

スポンサードリンク

 

 

吉田輝星の経歴プロフィール

 

 

本名
吉田輝星(よしだ こうせい)

生年月日
2001年1月12日(17歳)

身長
176cm

出身
秋田県

 

吉田輝星さんのお父さんは、
元金足農業高校の生徒で野球部のOBだそうです。

そんな、
吉田輝星さんは1年生の頃からベンチ入り、

1年秋からエースに抜擢されています。

 

 

そして、
県大会では5試合すべて一人で投げ、
計57奪三振!

球速も自己最高の150キロを叩き出しています!

 

現在、プロが欲しがる選手として、
かなり話題となっている投手でもあります。

 

 

吉田輝星のドラフトレポートは?

 

ドラフトレポートとは、

単純にドラフト会議やドラフト候補の情報をまとめたものです!

 

 

そして、
今回はスカウトマンの評価が高い

吉田輝星さんのドラフト情報を紹介していきますね!

 

巨人

投球時の体のキレと柔軟性を持っている。
投げ方もいいので、球速が出るだけでなく、ボールの質がすごくいい。

中日

球の切れは大会ナンバーワン

 

 

ソフトバンク

140km後半の速球、変化球の制球力、フィールディング、けん制、ピンチでの球の“強弱のつけ方”など投手に必要な素養全てのレベルが高い。

これができたらいいのに、という未知の部分が少ない。あとは上積みしていけばいいだけ。

野球センスを感じ

高校生のレベルを超えている

 

 

楽天

プロ志望届を出したら、間違いなく上位で消える

今年の高校生の右投手では一

けん制、フィールディング、マウンドさばき、全部がうまく直すところがない。
センス、完成度の高さを例えるなら桑田かな

器用な投手

ギアの入れ方は才能。

指先の感覚も含めて、抜群のセンスですね

 

 

ロッテ

フィールディングもよく、運動神経が良い。速球にも魅力がある。

 

 

日本ハム

センスの高い投手。北海道、北東北の高校生で一番。ドラフト上位候補

春より直球の質が上がった

投手としてのセンスが高い。桑田さん的なタイプ

 

 

パ球団スカウト

プロ志望届を出せば、上位候補

 

 

広島

いい投げ方をしている。バランスがいい。

フォーム的には文句なし。キレがあるから高めで空振りが取れる。

フォームに無駄がないし、真っすぐが素晴らしい。1位は間違いない。

スピードも切れも増したし春よりいい。緩急もつけられるし、フィールディング、けん制など全てがいい。

 

 

阪神

力をセーブした制球重視の直球とギアを上げた140km台後半の直球、この2つのパターンにセンスの良さを感じる

 

 

DeNA

フォームや投球にも安定感がある

センスの塊。投球に強弱をつけピンチで力を出せる。江川に似ている

力をセーブしながら、ピッチングがどういうものか分かった投げ方をしている。バッティングもいい

 

 

巨人

ギアの入れ方やペース配分も素晴らしい

高校生投手ではトップレベル

 

 

中日

ゆるんでもしっかり指に掛かった球を投げられるのが凄い。この投げ方はプロでもできる人は少ない。

ランナーを出してからしっかり抑えるピッチングができている。今年の高校生では完成度が高い。

勝つ投球ができている

 

 

ヤクルト

阪神・藤川みたい。スピンが利いた浮き上がる直球で空振りを取れる

ホップする直球、体も強く良い

力強さがあるし、牽制球を見ると器用さもある。最後の最後まで追い続けたい。

志望届を出せば間違いなく上位候補

 

 

すごいですね!!

プロの方達をかなり唸らせてますね!!

 

 

このような素晴らしい評価なので、
大学に進学しないで

高校卒業後は
プロ野球選手をそのまま目指した方が良いとも言われています。

 

 

しかし、
ドラフトレポートには以下のような事も書かれてました。

「進学先は八戸学院大だと聞いています」と、在京球団のあるスカウトがこう言った。

「吉田は2年生のころから、八戸学院大の正村監督に教えてもらっているというのです。
正村監督は投手出身で、ピッチャーを育てる手腕には定評がある。

吉田は正村監督のアドバイスで急成長しただけに、
金足農の中泉監督とすれば吉田をさらに良い投手に育ててもらいたいし、
それが結果として本人のためであり正村監督への恩返しにもなると考えている。

少なくとも中泉監督は各球団の担当スカウトに、そんな趣旨の説明をしているようです」。

とはいえ、プロのスカウトたちが
「進学じゃしょうがない」と指をくわえて見ているとも思えない。

在阪球団のスカウトがこう言った。

「進学の理由はどうあれ、八戸学院大といえば楽天や西武の選手供給源。

ともに八戸学院大には太いパイプを持った辣腕のスカウトがいますからね。

進学希望を打ち出すことによって他球団を蹴落とし、
ギリギリのタイミングでプロ志望届を提出、
希望球団以外にドラフト指名された場合は八戸学院大に進学という絵図を描いているのではないか。

進学と言われても、はい、そうですかとすぐに納得はできないのですよ」

引用元:http://draftrepo.blog47.fc2.com/blog-entry-4077.html

 

つまり、
この大会が終わった後は、

吉田輝星をいかに自分の球団に入れるかの
スカウトマン同士の戦いが起こる可能性もありますね(笑)

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

金足農業高校の吉田輝星さんについての情報はいかがでしたか??

 

今期の甲子園高校野球で
一番注目を浴びているといってもいいレベルの選手でもあります!

 

遅かれ、早かれ日本プロ野球選手として
活躍する日が来ると思うので

これからの展開も楽しみですね!

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます♪

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、

エンタメスクランブルでした!!

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)