和田亮一の訴訟は借金が原因?被害にあったスタッフと客が証言!

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

映画「カメラを止めるな!」に対して、
訴訟の準備をしていると公言されている和田亮一さん

ここにきて、
新たな事実と情報が入ってきました!

どうやら、
訴訟の主な原因は、
和田亮一さんの借金返済の為では?

という噂がありました!

 

今回は、
それらの情報をまとめてみます。

 

スポンサードリンク

 

 

和田亮一のプロフィール

 

和田亮一の詳しい経歴やプロフィールはこちらをご覧ください。

和田亮一の経歴プロフィール!家族や子供の画像は?

 

 

 

実は映画を見て絶賛していた!?

 

2018年8月21日に、
週刊誌のよって、

和田亮一さんが、
『カメラを止めるな!』の監督、
上田慎一郎さんらに対して、

 

著作権の侵害だ!!!

という理由で、
訴訟の準備をしているという状況だと報じられました。

 

 

しかし、
和田亮一さんは、

SNSでこのような投稿をされてました。

 

 

写真を見る限り、
和田亮一さん本人である事は間違いないようです!

 

 

一度、認めているのに、
なぜ、急に手のひらを返したか、、、???

訴訟と言い始めた原因が気になりますね。。。

 

 

意見の対立

 

元々、

『カメラを止めるな!』の原作は和田亮一さんが建ちあげた

劇団PEACEの
「GHOST IN THE BOX!」という作品だそうです。

 

 

ですが、

実は、上田慎一郎監督は、
この作品を参考にしていると認めている事がわかりました。

 

なら、
なぜ、ここまで問題になっているのか??

 

それは、
和田亮一さんが、ブログで解説していました。

↓   ↓

和田亮一のブログ(事件の真相)

 

以下は、
このブログからの抜粋です。

 

実際に見てみるとクレジットにはPEACEの名前、GHOSTの名前はありませんでした。
しかも監督はインタビューに「ある劇団のある芝居に影響を受けて」と答えていて、世間では「オリジナルストーリー」として評価されていた。
劇団名、作品名を出さないのはプロデューサーの意向ということでした。
解散してるからしょうがないとは思ったが、どうしてもそれが納得できず、監督に連絡を取りました。

ちゃんと原作として

劇団PEACE「GHOST IN THE BOX!」(作:A 演出:和田亮一)

といれてください。
とお願いしました。

そしたら、
「確かに最初は一緒に進めたし、あの舞台を参考にしたがそれは一旦頓挫し最終的には全く別物になったので「原作」と入れることはできない。参考にしたということでいくと、三谷幸喜さんの作品も原作としていれなきゃいけないことになる。」
と言われました。

その件で直接話をするために、先方のプロデューサー含め、会って話しました。
その際に、配給拡大のタイミングで、今日クレジットは決めなくてはならない。といわれ、最終的に向こうから妥協案として「原案」だったらどうですか、という話になり、“ひとまず”クレジットには原案として劇団名、作品名を入れてもらいました。
そして、その後原作かどうかは判断しましょう。
という話になりました。
だから今、映画のエンドロールには

原案:劇団PEACE「GHOST IN THE BOX!」(作:A 演出:和田亮一)

special thanks で和田亮一と入っています。

でも僕は、ただ、「原作」と入れて欲しかったんです。

元劇団員のみんなが「あの作品PEACEの芝居が原作なんだよ!」と、素直に応援して、自慢できるようにしたかったんです。

「原案」は作品を作るに当たって参考にしたアイデア
「原作」はその作品を作るための元の作品

です。

銀魂の映画は、全くオリジナルストーリーだけどちゃんと「原作」って入ってます。

しかしその後、先方からきたのは、PEACE「GHOST IN THE BOX!」は今回の映画における「原案」として整理しました。という連絡と、よくわからない原案利用契約書。

その提案された契約書には、僕が今後の映画、舞台におけるリメイクそのほか二次利用に関する一切の権利をもてないという内容でした。

引用元:https://note.mu/rookey/n/ne25a640b8cc7

 

和田亮一さんのコメント曰く、

・自分らが頑張ってきた劇団が今の状態では報われない

・相手側からリスペクトもなく、存外に扱われてた。

というような、
解釈かなーと思います。

 

確かに、
自分が大好きだったものが

勝手に使われ、
こちらの知らない所で利用されていたなんて考えると嫌ですし、

むかつくなーとは思いますね。。。

 

 

スポンサードリンク

 

 

訴訟原因は和田亮一の借金だった?

 

この事件が週刊誌から報じられると、
和田亮一さんの名前が一気に世間に広がりました。

 

すると、
ネットではこのような情報が飛んできました。

 

 

 

 

 

 

 

なんと、
お金の持ち逃げを訴える投稿があったのです!

しかも、複数もいました!!!

 

 

お金の持ち逃げの原因は?

 

2015年
TOKYO PUNCH-LINERという演劇に参加されたそうです!

 

そして、

この舞台のCDDVDを製作する担当になっていたそうです!

そして、
仲間と一緒にBarを経営して
そこでファンの方と交流などして、

CD、DVDに事前予約販売をして、
お金だけ受け取っていたらしいです。

 

 

そして、

急に飛んで逃げた!

という事件が起きたそうです。

 

そのまま、
誰も連絡がつかず、

今回の訴訟問題で、
持ち逃げ以来、表舞台に登場したという経緯らしいです!

 

これが本当なら、
相当、やばい方ですよね、、、

 

これが事実なら、
今回の事件の見方も変わってきます。

 

 

借金返済の為に、
今回、訴訟を起こしている

 

という見方をされても仕方ない状況ですよね、、、

 

【追加情報】

しかも、
劇団PEACEの時から、

お客さんとのお金のトラブルもかなりあったようで
結構な人が被害になっているそうです。。。

 

 

最後に

 

和田亮一さんの訴訟や借金などについての情報はいかがでしたか??

 

最初は、
大ヒット映画となった『カメラを止めるな!』の製作者側が
和田さんの脚本をパクって、悪者だという展開だと思いましたが、

 

和田亮一さんの過去や、
状況を知る事によって予想外の展開になってきました。

 

実際に、
今回の訴訟問題に関して、

和田亮一さんは、
顔出し、住所や現在の詳しい職などは語られていません。

 

なので、
一切、足取りや個別取材というのもできない状態です。

 

 

なので、
ますます、お金の為に、
週刊誌にネタを売り、訴訟してお金稼ぎしようとしているのでは??

という推測ができてしまいます。

 

 

うーん、事実はどうなのかわからないですが、
この事件は難しい所ではありますね、、、

今後の展開がさらに気になる所です!

 

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます♪

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

 

以上、

エンタメスクランブルでした!!

 

 

【追加情報】

 

とある方から、
このような口コミがありました。

 

これが事実かはわからないですが、
本当なら、ますます真実が記事内の通りになってきそうです。

和田さんは
劇団当時消費者金融からお金を借りすぎてて
取り立てが当時すごかったとのことです

劇団解散後も取り立てに払うために深夜バイトをしてました

また
最後の公演においては未払いのスタッフもいます

その補填のために今回告訴している可能性があります

 

 

 

関連記事

和田亮一の経歴プロフィール!家族や子供の画像は?

カメラを止めるな!にパクリ疑惑?訴訟されるってマジ!?

上田慎一郎と宮藤官九郎は従兄弟?似てる理由が意外すぎて唖然…

和田亮一がするべき事は?持ち逃げ金を返す事だった!?

和田亮一の訴訟は借金が原因?被害にあったスタッフと客が証言!

しゅはまはるみの経歴プロフィール!ブサイクで可愛い秘訣とは?

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)