有馬隼人の質問内容に会見全体に衝撃!その発言とは?

 

みなさん、
有馬隼人という方はご存知ですか?

 

元TBSアナウンサーで、
今はラジオやアメフトのコーチをされている方です。

 

こちらの、
有馬隼人さんの質問内容が

日大アメフト会見
話題となっているので情報をまとめて見ました!

 

スポンサードリンク

 

 

有馬隼人のプロフィール

「有馬隼人」の画像検索結果

 

本名
有馬隼人(ありま はやと)

生年月日
1977年10月29日(41歳)

出身
広島県

身長
178cm

 

 

三人兄弟の末っ子として生まれる
上に姉が二人

10歳の時、
大阪府に転居。

大阪府立箕面高等学校在学中にアメリカンフットボールを始める
そこでQBとして活躍する

 

3年生時の春季、西宮ボウル(大阪府選抜-兵庫県選抜)等で注目を集める。

秋の高校アメリカンフットボール選手権大会では、奇跡的な逆転勝利などを数々演出し「箕面現象」とも言われた快進撃で準決勝へ進む。

スポーツ推薦制度のない公立高校の準決勝進出は快挙であり、
関西フットボール界の大きな話題となったが、

関西学院高等部に敗れ、公立校初のクリスマスボウル出場はならなかった。

引用元:wikipedia

 

その後、大学でもアメフトを続け、
惜しくも日本一は取れずに選手活動を終える。

 

社会人となり、
2001年にTBSアナウンサー36期生として入社

週末の番組でスポーツキャスターを務めたほか『はなまるマーケット』でも注目を集める、

しかし、
アメリカンフットボールへの情熱を捨て切れず、

2004年3月にアサヒ飲料のトライアウトに合格、
6月に在職3年で同社を退社する

 

それから、
2012年まで現役として活動し、
2013年からは、オフェンスコーディネーターに転身

 

現在は、
アサヒビールシルバースターヘッドコーチをメインでされ、

2017年10月からは、
『TOKYO MX NEWS』の平日夕方のメインキャスターも担当している。

 

 

 

元アナウンサーという経歴があるので、
テレビのアメフト関連番組への出演機会が多く
今でもラジオや、バラエティにも出演することがある

 

 

芸能界の中でも、
人気は高いらしく、

よく芸能人と2ショットや、
ゲストで呼ばれたりする姿を見たりします!

 

 

有馬隼人さんの質問が鋭い!!

 

日大アメフト会見では、
色んな事実が発覚し、

日本全体を巻き込み、
多くの波乱を巻き起こしてます。

 

その中で、
記者として会見に挑み、

鋭い質問をされていた有馬隼人さん
国民はかなり注目を傾けてます。

 

今回は、
どのような質問をしていたのかを
まとめて見ました!

 

 

宮川選手に対しての質問内容

 

今回、悪質タックル問題で、
相手選手に怪我をさせた宮川選手

己の意思で
20歳という若さにも関わらず
顔だし、名前だしで会見をされました。

 

 

そんな宮川選手に対して、
会見では以下のような質問をされました

「試合当日は、どうゆう形であれ、あなたはグラウンドに立ったわけです。

最初に反則をしたプレーで審判の笛は聞こえていましたか?」

 

その問いに、宮川選手は、

「聞こえていました」と答えます。

 

そのあとに、

「プレーが終わっていたということは、認識していたと、、、

わかりました、ありがとうございます」

と、声を震えながら答えてました。

 

 

有馬隼人さんご本人のブログでも

きょうの日本大学の選手の会見にて訊いた
「笛の音は聞こえたか?」という私の質問に、
彼は「プレーが終わっていたのは分かっていた」
と答えました。
ということは、
彼はフィールド内の状況を正確に把握する
力を持つアメリカンフットボール選手である
と言える、それが証明されました。
それが私の質問の真意でした。
引用元:有馬隼人のブログ

と、答えていました

 

このようなプレーをさせた
監督やコーチに憤りを感じている感情

滲み出る瞬間だったなと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

井上コーチに対する質問

 

井上コーチは会見で

「宮川選手に『QBを倒してこい』と言ったのは真実です」と語り、

その上で
「けがをさせろとは言っていない。『それぐらいの気持ちで行ってこい』と言った。
けがを目的とした指示はしていない。思いきりいけということ」

とコメントしました。

 

 

それに対し、

「長年指導されてきた宮川選手が嘘をついている、間違っている認識でよろしいでしょうか?」

「監督の指示と違うことを選手に下ろしていたケースもあったということでしょうか」

などと厳しい質問を浴びせていました。

 

 

これに対して、
有馬隼人さんのブログでは、このように説明されてました。

突如、行われた日大側の記者会見。

日大広報担当者のゴタゴタは、
この問題の本質とは違う場所にあるので、
それについて言うことはありません。
私は井上コーチに問いました。
「宮川選手が会見で語ったことを、井上コーチは(この会見で)いくつか否定していますが、あなたが長年指導してきた宮川選手が嘘をついて間違っているということでしょうか?」
井上コーチは、
「間違っているとは思いません。彼が昨日(会見で)発表したことは、合っていると思います」
そのように答えました。
ここには矛盾が生じています。
選手の発言にあった内容を否定しておきながら、選手は嘘をついていないと言ったからです。
これは、高校時代から宮川選手を見てきた井上コーチの愛情が垣間見られた瞬間だと捉えています
私はそれを確かめようと、この質問をしました。
コーチという役目にある人間は、常に選手に愛情を持って接する必要があるからです。
井上コーチの立場を考えると、言えることと言えないことがあったでしょう
しかしながら井上コーチは、あの場で宮川選手を無下に突き放すことは出来なかった。
少なからず、そこにコーチとしての魂はあったと考えられます
それは、
その後の私の質問に対する答えにも現れます。
「ということは、宮川選手が言っていたとおり、相手の選手に怪我をさせれば得であると、発したんですね?」
井上コーチは、
「損とか得とか言った覚えは…ありませんで、僕も熱が入っていて…、表現してしまった私が本当に未熟で、私が悪いと、そういう表現をして、(選手が)そういう気持ちになったと、それは本当に申し訳ないことをしたと思っております」
と、言葉に詰まりながら答えました。
怪我をさせろとは言っていないとしつつも、
そういう表現をしてしまったと認めています。
井上コーチ自身の発言が選手の反則行為を導いてしまったことを間接的に示しています。
宮川選手だけが悪いのではないという旨が、にじみ出た発言だったと、私は感じました。
この反則行為を発生させたことに関し、
監督やコーチを擁護する気持ちは私にはありません。
ただ、井上コーチの中に、コーチとしての自覚が完全に消え去っていなかったことは、わたしは確認できたと考えています。

と、説明されていました。

 

井上コーチの真意や本音を
引き出されているこの場面にネットでは、

賞賛の声がとても多かったです!

 

 

まとめ

 

今回の記者会見で、
的確で鋭い質問をされていた有馬隼人さんの

本気度や質問力はすごいなと思いました。

 

元々、アメフト経験でもあったから、
選手の気持ち、コーチの気持ちがわかるからこそ、

このような想いのある質問ができたのかな?
とも思います。

 

スポーツの闇として、
今回の事件はまだまだ解明はできていないですが、

有馬隼人さんのような、
正義感のある方が、

率先して問題解決に取り組んでもらえたらいいなと思います!

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)