貴乃花親方はアスペルゲンガーで気持ち悪い?その真相が衝撃的?

エンタメスクランブルを
閲覧いただきありがとうございます!

今回ですけども!!

貴乃花親方が話題となっているので、
ピックアップしてみました。

テレビを見ていると、
コミュニケーションに違和感があり気持ち悪いという声がありました。

もしかしたら、アスペルゲンガー症候群ではないか?
という噂もあったので、

それらを調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

貴乃花親方のプロフィール

 

本名
花田光司(はなだ こうじ)

生年月日
1972年8月12日(46歳)

身長
185cm

出身
東京都

第65代横綱として活躍され、
現在は大相撲の指導者として活動されている。

 

貴乃花親方はアスペルゲンガーで気持ち悪い?

 

貴乃花親方をテレビで見ている方はわかると思いますが、
何か違和感のような雰囲気を感じると思います。

 

なので、

貴乃花親方はアスペルゲンガー症候群ではないか?

という噂があります。

 

 

アスペルゲンガー症候群とは?

 

アスペルガー症候群は、
「対人関係の障害」
「コミュニケーションの障害」
「パターン化した興味や活動」
の3つの特徴を持ち、

言葉の発達の遅れや知的発達の遅れがない場合を指す、発達障害のひとつです。

引用元:https://snabi.jp/article/19

 

簡単に説明すると、
自閉症の1つで、生まれ持って脳の発達異常があるケースが多いようです。

 

アスペルゲンガー症候群の発生率は
4000人に1人と言われてますが、

言葉の発達の遅れや知的発達の異常というのはないそうです。

 

貴乃花親方が気持ち悪いと言われる理由は?

 

現役時代から
貴乃花親方は

インタビューされても、
質問する人は一切見ずに、常にカメラ目線だった

という特徴がありました。

 

そして、
会見などをする時も、

目つきが悪すぎる

目がおかしい

という印象も見てる方には与えてました。

 

このような目です。

 

 

 

これらが原因で、
貴乃花親方は現役時代から

気持ち悪い

と感じている視聴者の方が多いそうです。

 

 

貴乃花親方はいい人、悪い人?

 

悪い印象が強い貴乃花親方ですが、

結局、いい人なのか悪い人なのか、
はたまた、ただの変な人なのか?(笑)

 

と、疑問に思ったので、
いろんな貴乃花親方を調べて見ました。

 

 

すると、
このような画像を発見しました。

 

 

 

 

 

ものすごく、いい顔をされている姿です!

これは、
お弟子さんが昇格した時の会見だそうです。

 

相変わらず目つきは悪いですが(笑)

とてもいい笑顔で喜んでいるように感じます。

 

やはり、親方として、
弟子の出世は嬉しいでしょうね✨

 

なので、
個人的には貴乃花親方は

アスペルゲンガー症候群のせいか、
ただ不器用な性格なだけで、悪い印象があるだけなのでは?

と思いました。

 

そもそも、親方として、
お弟子さんもいるので、

人から慕われていないと
入門なんてしてこないですからね!

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

貴乃花親方はアスペルゲンガー症候群で気持ち悪い?についての情報はいかがでしたか??

 

実際にアスペルゲンガーなのかは、
ご本人が発表しているわけではないので、あくまでも推測になります。

 

しかし、
違和感はあるにしろ、
それが貴乃花親方の生き様だと思えば、

いい個性なのかなーとも捉えることができますね!

 

誤解をされやすい方であると思いますが、
相撲界には必要な方であると思うので、

これからも応援していきたいと思います!

 

 

皆さんは、この情報はどう思われましたか??

良かったら、感想、コメントお待ちしています!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます♪

 

☆他にもオススメ記事がたくさんあります☆

ぜひ、いろいろ見られてくださいね♪♪

以上、

エンタメスクランブルでした!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)