18歳成人法の内容は?いつからで成人式やローンや飲酒や喫煙はどうなる?

 

日本の法律がまた変わることになりました!

2018年6月13日に

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる、
女性が結婚できる年齢を16歳以上から男性と同じ18歳以上にする

このような改正が決定しました!

 

この法律は
2022年4月1日に施行されます!

この改正は
少子高齢化が進む中、若者の社会参加を促すのが狙いだそうです!

 

 

早く成人したい方にとっては、
これは嬉しい!!

という方もいるのではないでしょうか??

 

 

しかし、
この改正案には落とし穴があります!

 

これを知らないと、

・いつの間にか犯罪になっていた
・検挙されてしまった

という事になってしまいます。

 

なので、
今回は、この改正について
情報を集めてみました!

 

スポンサードリンク

 

 

18歳成人法の内容は?

 

この法は簡単にいうと、
20歳から成人だったのが、18歳から成人扱いにしますよ!

という内容です。

 

なので、
18歳から親の親権から離れるので
今まで20歳まで必要だった保護者の同意というのが18歳からなくなります。

 

つまり、
18歳からクレジットカードや、カードローン、
自動車など高額商品が親の同意なく、

購入する事ができます!

 

これは、20歳まで待っていた若者に
とっては嬉しい内容になりますね!

私も親の同意がないといけない契約なども
ちょっとメンドくさい部分を感じてました(笑)

それに早く成人扱いされたいという若者も多いですからね!

 

 

しかし、
この改正案は気をつけないと危ない事にもなります。

 

 

18歳成人法の落とし穴 その1

 

この法律により、
18歳から成人扱いになりますが

今まで使えていた
『未成年者取消権』は使えなくなります!

 

この、未成年者取消権とは

未成年者は、成年者と比べて取引の知識や経験が不足し、判断能力も未熟です。
そこで、未成年者がおこなう契約によって不利益をこうむらないように、法律で保護されています。

民法で「未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は、取消すことができる」と決められています。

 

つまり、
これは未成年のトラブルを防ぐため、
親の同意がない不利益を得るような契約は、法定代理人(親)が
キャンセルして取り消す事ができるという内容です!

 

しかし、
この18歳成人法では、この適応が外される事になるので
18歳から本当の意味で自己責任になってくるという事になります!

 

18歳成人法の落とし穴 その2

 

今まで、
20歳になったらお酒とタバコ吸えるー!

と思ってたのが、
この改正案で18歳からOKなの??

と思っている方には残念なお知らせです(笑)

 

飲酒や喫煙、公営ギャンブルについては
健康被害やギャンブル依存症への問題も多くあるという事で

「20歳以上」を維持される事も決まりました(笑)

なので、
ただ「未成年者」の表記が今後
「20歳未満の者」と変わるだけなようです….(笑)

 

なので、
18歳になり成人になっても、
制限はまだあるので、

ここでハメを外しすぎない事が大事ですね(笑)

 

スポンサードリンク

 

 

18歳成人法の落とし穴 その3

 

女性の結婚可能な年齢が
16歳から18歳に引き上げられ

男性と同じ18歳から結婚可能!

という事も決まりました。

 

なので、
突然、2022年4月から
16歳は結婚できなくなるので、

この時期に16歳の方の婚姻率は上がりそうですね(笑)

 

 

成人式はどうなる??

 

この法案で成人は18歳からですが、

成人式は
どのような対応をするかはまだ決まってません。

 

普通に考えれば、
2022年度の成人は、

20歳、19歳、18歳が参加する事になりますよね?

例年の3倍の参加者になるので、
この年は特に荒れそうな予想です(笑)

 

ここに関しては、
年齢別に会場を用意するなど、
対策が必要になってきますね!

 

着物事件や、
成人同士のケンカで警察のお世話になるなど
トラブルの多い時期になるので大変ですよね(笑)

 

 

その他

 

他に18歳成人法で変わるのはこれらのようです!

 

 

 

 

 

 

ネットや国民の声は?

 

この改正案に対して、

【賛成派】
「精神面でどう変わるか楽しみ」(佐賀県立からひがし中学2年・みずゆうさん)
「18歳の段階でも就職して、自分で稼いで生活している人も一定数いる」(宮城県仙台第二高校1年・すずいつきさん)
「若者の自立を促すことができる。ただし前段階から教育を行うなど、自立への準備は必要」(千葉市立いな高校2年・ながしまあやさん)
「18歳ではなく高校を卒業した年の4月からでもいいと思う」(神奈川・えいこう学園高校2年・たけゆうさん)
「成人なら犯罪が実名で報道されるので、犯罪が減るのでは」(沖縄・沖縄しょうがく高校3年・たかさん)
「賛成だけど、大学入試センター試験と成人式がとても近くなるのでは」(東京・渋谷教育学園渋谷高校1年・かわさん)
「未成年のときよりも見聞が広がり、幅広い分野に挑戦できるようになって、いち早く楽しめることに期待したい」(東京都青梅おうめ市立しんまち中学1年・やすはるさん)
「若者の声が広がって、国民の声がより正確に届くようになる」(神奈川・栄光学園中学1年・いまあきさん)

 

【反対派】
「中学卒業から3、4年しか経たない人が大人とみられても大丈夫?」(神戸市立たま中学3年・もえさん)
「選挙権年齢が引き下げられた時も、まだ政治のことがわかっていない人が多かった」(横浜市立いわはら中学1年・とうすみさん)
「周りに喫煙者が増え、一緒に吸おうと誘われないか心配」(大阪市立すみがおか中学3年・がきそうすけさん)
「引き下げるなら19歳以上のほうがいいのでは」(富山・かたやま学園中学2年・しまさん)
「高校で大人と触れ合ったり関わったりする機会が少なく、大人ということをよく理解できていない人が多い」(神奈川・カリタス女子高校1年・とうさん)
「日本の社会のことをあまり知らずに成人すると、危険なことがいっぱいありそう」(広島・ノートルダムせいしん中学2年・さかさきさん)

引用元;朝日小学生新聞

 

 

いろんな声もありますが、
18歳成人法の中身を見る限り

若者からも税金取るためじゃないの???
という声も多かったです。

 

まとめ

 

今回の18歳成人法により、

18歳から刑事法の対象となります。

犯罪を犯せば、
・刑事法により実刑の可能性
・実名報道される

という事も起きます!

 

そして、
18歳から成人なので
もし税金、年金がかかってくる場合、

働いてない学生にもかかってくる場合、
負担は全て親に行くと予想できます。

学生であれば、
免除できるようなルールもできるかはまだ未定なので
ここも気付いてないうちに落とし穴になりそうですね…..

 

以上が、
18歳成人法のまとめでした!

この可決により
喜ぶ方もいれば、社会の怖さを早く知る若者も増えると思います。

ですが、
結局、この世は自己責任なので
しっかりルールを学んで乗り越えるしかないと思いますね!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)