人気歌手の安室奈美恵による効果絶大!? 有料放送局の「WOWOW」が今とっても「WOW」な状態になっている!?

安室奈美恵が今、有料放送局「WOWOW」を大変賑わせているようです。

「WOWOW」は加入すれば月額見放題の有料放送局で、よく海外のスポーツなどが放送されていますよね。

今回は海外のものではなく、日本の歌手である安室奈美恵の影響が大変大きなものとなっているようです。

彼女は約1ヶ月前に、「来年の引退」を発表したことでも日本だけでなく世界中に大きな衝撃を与えました。

今回はそんな彼女のライブ映像について「WOWOW」が放送することになったのです。

内容は9月16、17日に彼女の地元である沖縄で開催したデビュー25周年記念ライブを今日22日に独占放送することとなったからです。

彼女の沖縄でのライブとその放送に関する情報は7月には既に発表されていましたが、9月20日の引退宣言後から加入する人が続出したそうです。

「WOWOW」は加入する際に動機を記入または述べるのですが、理由が「安室ちゃんのライブが見たい」「音楽ジャンルへの興味」という理由が圧倒的に多かったため、これを”安室効果”と呼んでいます。

もうこれは「WOWOW」からしたら安室様様ですね〜

彼女の知名度や人気がこの「安室効果」からも伺えます。

では、ここで彼女について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

安室奈美恵の生い立ち

彼女は1977年9月20日に沖縄県那覇市に3人兄妹の末っ子として生まれました。

“歌が上手くてキレキレに踊れる、そして綺麗” で現在40歳というのですから、もうあっぱれの一言ですよね。

こんな女性なら誰だって羨ましいですし、結婚したい女性トップ10には余裕でランクインしてくると思いますね〜

彼女は小学生の頃に友人の付き添いで沖縄のアクターズスクールという学校に見学に行ったことが現在の安室奈美恵が始まるきっかけとなったそうです。

1991年の中学2年生の頃にスクール内でダンスグループが結成され、そのメンバーに選ばれた彼女は沖縄で活動中に東京のテレビスタッフの目に留まり、翌年から芸能活動を開始しました。

1994年には、ライジングプロダクションという日本の大手芸能プロダクションの社長にMAX松浦という日本の音楽プロデューサーでエイベックス・グループ・ホールディングス(avex)の代表取締役CEOを紹介され、翌年から彼のプロデュースの下、活動を始めることになります。

1995年に発売した「太陽のSEASON」から名義が単独になり、この作品がソロデビュー作となりました。

また、MAX松浦の仕事のパートナーであった小室哲哉とも同時期に出会い、この年から小室哲哉が彼女のプロデュースを務めることになりました。

小室哲哉が安室奈美恵をプロデュースしていたことは結構有名ですよね。

そして彼のプロデュースは2001年まで続きました。

それからはソロとして約20年間アーティスト界で数多くの名曲を歌い、現在に至るまで輝きを放ち続けています。

そしてその間の1997年にTRFのダンサーであるSAMとできちゃった婚をし、子どもを授かりました。

翌年に生まれ、名前は「温人(はると)」というそうです。

その温人君も今年で成人式を迎えるそうで、こんな母親がいたら絶対自慢したくなりますよね〜

ですが、2002年に彼女が離婚してしまっているため、離婚後親権を得てからは女手一つで温人君を育てあげましたが、温人君からすると4歳で父親と離れてしまったことは寂しかったかもしれません。

スポンサードリンク

 

今後の安室奈美恵は?

彼女の今回の引退は、最も大きな理由として「息子の温人君の成人」が影響しているようです。

彼女自身も離婚と若くして母親を亡くしているようで、自分の息子に辛い思いや寂しい思いをさせたくないと1人で頑張ってきた彼女がようやく落ち着けるタイミングが来年ということですね。

25周年と息子の成人が丁度重なる節目だということや、彼女は「劣化」という表現を嫌ったり、「絶頂期での引退という彼女自身の美学を貫くこと」の全てが重なり、そのことが来年の引退を決意させたのでしょう。

引退しても変わらぬ安室奈美恵で居続けて欲しいですね。

あと、これから息子の温人君の成長にも期待しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)