自動車教習所で新たに「ブラッシュアップ講習」がスタート! その内容と狙いは?

全指連(全日本指定自動車教習所協会連合会)に加盟する一部の指定自動車教習所で、「ブラッシュアップ講習」と呼ばれる新しい講習プログラムがスタートしました。

自動車運転免許所有者を対象に希望を募り、最初の運転免許取得の時と同じように教習車で教官が運転指導などを行うものです。

このプログラムは2017年9月20日からスタートし、36都道府県132校にて順次開始されるとのことです。

運転免許取得後に教習所で受ける講習の中には、任意の企業研究やペーパードライバー講習、そして70歳以上の人が運転免許更新時に受講することが義務化されている高齢者講習などがあります。

ですが、この新しい「ブラッシュアップ講習」はそれらと内容が異なるようです。

一体どのような内容なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

「ブラッシュアップ講習」とは?

ブラッシュアップ講習とは、安全運転に関する再教育の場を提供するものです。

企業研究やペーパードライバー講習は各教習所で独自のカリキュラムが作られていますが、ブラッシュアップ講習は全国の警察や安全運転協会、自動車安全運転センターが計画に参加し、決まりを定めた共通の要件のもとで行われます。

 

具体的にどんな内容なの?

内容は主に、「実車指導」「危険予知の座学」「受講効果の『見える化』」という3つの要件に基づいています。

具体的には、GPS(Global Positioning System)機器などを搭載した教習車に教官が同乗したうえで受講者の運転動作を測定・解析し、その場で運転に関するレポートを発行します。

それに基づいて、教官が運転技術や危険予知などを加えて指導するというかたちです。

運転に不安があって講習を受けている人は、その場その場で運転技術や危険予知に関することを直接聞けるというのはありがたいですし、心強いですよね。

 

どういったニーズを想定しているの?

今の時点では、法定の高齢者講習の前段階として高齢者の方が受講されることを想定してはいますが、もちろん制限はありません。

働き盛りでなかなか運転ができない人や、企業研究の一つとしても幅広く受講してもらいたいという狙いがあります。

 

新講習はどう展開していく?

指定自動車教習所で免許を取得しようとする人の97%は20歳前後で、それ以後ほとんどの人は70歳代での高齢者教習まで再教育を受けることはありません。

この期間は「空白の50年」とも呼ばれています。

公安委員会などでも再教育の重要性が説かれているものの、これまで具体的な制度は作られてこなかったのです。

では、なぜこのタイミングで新たな講習を導入するのでしょうか?

それは、少子化の影響から指定自動車教習所の経営はますます厳しくなっており、2017年の9月現在で1279校ある公安委員会の加盟校も、毎年10校程度が閉鎖を余儀なくされています。

免許取得のための教習はもちろん、高齢者講習の受け皿という公的役割を指定自動車教習所が担っていくために行うべき計画の一つとして、「ブラッシュアップ講習」を新たに導入することとなりました。

スポンサードリンク

 

ブラッシュアップ講習は普通自動車以外も対象?

公安委員会が推奨している運転測定機器は、シガーソケットに取り付けて測定・解析するので、シガーソケットがある4輪の教習車であれば普通自動車でなくてもブラッシュアップ講習を受けることができます。

 

今後のブラッシュアップ講習の展開は?

まず、世にしっかりと認知され、効果を認めてもらうことが大切になります。

そのうえで、国や警察などから公的な制度として検討されれば、それに対応していく方向だそうです。

例えば、現在の高齢運転者制度は年齢に応じ一律で、「個人差」があまり考慮されていないのですが、個人の運転技術を証明するものとしてブラッシュアップ講習の結果が活かせるのではないかという期待もあります。

また、近年は「テレマティクス保険」といって、個人の運転技能に応じて保険料を決めることができる自動車保険も登場しているので、こうしたものにも運転データが活用できるかもしれません。

 

まとめ

全指連(全日本指定自動車教習所協会連合会)によると、講習は共通の要件に基づくものの、教習所ごとにカスタムが可能で、受講時間や料金も異なってくるといいます。

もし、運転に自信がなかったり、ペーパードライバーの方は迷わず講習を受けていただきたいなと思います。

やはり運転は命に関わってくるので、安全を第一に考えたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)