山田孝之が新ブランド立ち上げにつきクラウドファンディング!批判の声も多数!?

俳優の山田孝之さんが腕時計ブランド「BRILLAMICO(ブリラミコ)」を創業者の山口友敬氏さんと立ち上げた新会社「FORIEDGE(フォリエッジ)」、その制作資金の調達にクラウドファンディングを活用することを明らかにしました。

スポンサードリンク

 

新ブランド立ち上げにつき

その資金の調達にはクラウドファンディングサイト「Makuake」を利用されるようです。

8月24日からスタートしており、10月末までに500万円という目標金額が設定されています。

出資金額は1口1万3122円のコースから32万円を超える高額なコースまであるようですが、現時点ですでに目標金額の90%まで到達しているとか。

目標金額の500万円の達成は時間の問題のようです。

 

<山田孝之のプロフィール>

https://www.instagram.com/p/BVopWHEhV91/?taken-by=takayukiyamadaphoto

やまだたかゆき(1983年10月20日生まれ・33歳)

 

1998年、市立川内南中学3年の2学期終業後に家族で鹿児島から上京。

1999年、10月から放送されたドラマ『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ)で俳優デビュー。

2002年、シングル『真夏の天使 〜All I want for this Summer is you〜』でCDデビュー。

この曲はドラマ『大好き!五つ子4』の主題歌になり、自身もこのドラマにゲスト出演。

2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)でテレビドラマ初主演

2004年、エランドール賞新人賞受賞

東京地下鉄初代イメージキャラクターにも選ばれています。

2005年、『電車男』で映画初主演

2007年、秋に公開された映画『クローズZERO』からワイルドな役を演じるようになり、『イキガミ』『クローズZERO II』『BOSS』などでは長髪と無精髭でそれまでとは違った一面を見せましたね。

なお『クローズZERO』では第50回 (2007年度) ブルーリボン賞助演男優賞に20代でただ一人ノミネートされました。

2010年8月5日、都内のホテルで行なわれた映画『GANTZ』の製作報告会見において出演の経緯を明かしました。

別の映画を撮影中の山田が隣で行なわれていた『GANTZ』の衣装合わせの場にやって来て「うわぁ〜、GANTZだ〜、いいなぁ〜」と言ったところ佐藤貴博プロデューサーから「じゃぁ、出てくださいよ〜」と言われたことで出演が決まったそうですね。

同年9月、映画『十三人の刺客』がコンペティション部門に出品された第67回ヴェネツィア国際映画祭に三池崇史監督、役所広司らと参加しました。

2010年10月28日付 米エンタテイメント情報誌『ハリウッド・リポーター』において「世界の注目俳優10人」の1人として紹介されています。(日本人では山田さんだけだとか。)

2011年、ニューヨーク・アジア映画祭において「スター・アジア・ライジング・スター賞」を日本人として初めて受賞しました。

2012年

第34回(2012年度)ヨコハマ映画祭助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)

第17回(2012年度)日本インターネット映画大賞日本映画部門助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)

第67回(2012年度)日本放送映画藝術大賞映画部門最優秀助演男優賞受賞(『その夜の侍』)

2014年、ミュージカル『フル・モンティ』(1月31日 – 2月16日、東京フォーラム。演出:福田雄一)で主演、初舞台を果たしました。

2016年

TEEの「恋のはじまり」でMV初監督を務めます。

スポンサードリンク

9月21日、赤西仁とユニット「JINTAKA」(ジンタカ)を結成し、シングル「Choo Choo SHITAIN」でCDデビュー。

9月1日、トランスコスモス株式会社と共同で、ECプラットフォーム「me&stars」を運営する「ミーアンドスターズ株式会社」を設立し、取締役CIO(Chief Innovation Officer)に就任しました。

 

クラウドファンディングに批判の声も多数

しかし、ネット上では今回のニュースを知ったファンから批判的な反応も上がっているようですね。

「こういうことする人とは思ってなかった」

「露骨にお金を求められると悲しい」

「億単位のお金持ってそうなイメージなのに」

「芸能人がクラウドファンディング使ってるとズルいと思ってしまう」

 

芸能人のクラウドファンディングは批判も覚悟!?

今や資金調達方法としてクラウドファンディングは芸能人やスポーツ選手が利用するほど浸透していますね。

過去にはキングコング西野さんがニューヨークで原画展を開催するため、安田大サーカスの団長さんが怪我から復帰にトライアスロンで世界を目指すため、女優の真木よう子さんが写真集制作のために芸能人も多数クラウドファンディングで出資を集っておりますが、どの報道につきましても一部からは猛批判を浴びているようです。

お金を稼いでいるイメージのある有名人が、一般人から資金を募ることに違和感を持つ人はどうやら多いようですね。



1 個のコメント

  • この調子だと、自分の子どもだと認知しなかった隠し子にも、一切 養育費的なものは払って無いのだろうな。

    自分のした行為で生まれた子を私生児にして、その子が一生アイデンティティで悩むような仕打ちを続けたまま、
    中年になった今も平気で、その当時のことを汚点や黒歴史として語ってた人だから、
    自分の為なら、平気で他人が傷ついても平気な、根っからのアスペルガーぽい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)