虫歯より深刻!? 「酸蝕歯(さんしょくし)」の予防法は?

虫歯、歯周病に次ぐ第3の歯の疾病として、酸蝕歯(さんしょくし)が近年問題となっています。

でも、酸蝕歯って以外と聞いたことがない方は多いみたいです。

一体どんな原因や症状があるのか、またどのように予防すればいいのかを見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

酸蝕歯(さんしょくし)とは?

酸蝕歯とは、わかりやすく言うと、例えばワインや炭酸飲料、栄養ドリンク、かんきつ類などの酸性の飲食物によって歯が溶けてしまう症状のことを言います。

これはその飲食物の酸性が強ければ強いほど起こりやすい症状です。

ではなぜ普通の生活の中ではあまりその症状は出ないのでしょうか?

それは、歯は酸に弱いですが、口の中で唾液が酸を洗い流して中和するからです。

そのため、普段の生活の中では大きな問題は起こりません。

 

では、どうして酸蝕歯になるの?

普通に酸性の飲食物を口にしている分には何の問題もありません。

ですが、酸蝕歯になりやすい人、いずれなる可能性が高い人には特徴があります。

それは、お酒や炭酸飲料などをゆっくり長い時間かけて飲む癖のある人です。

強い酸に長い時間、または繰り返し触れていると、口の中で唾液の中和作用が間に合わなくなります。そして化学反応によって歯の表面のエナメル質が溶け、歯が薄くなったり、軟らかくなったりするのです。

さらに悪化すると、歯の下の象牙質(ぞうげしつ)と呼ばれる歯の基質をなす黄白(こうはく)色の硬い物質がむき出しになり、歯がしみたり、もろくなって欠けてしまうこともあります。

このような現象を「歯の酸蝕」と呼びます。

 

厄介な酸蝕歯の特徴

酸蝕歯の厄介なところは、「健康や美容に良い」とされているものが原因になることが多いという点です。

ダイエットのために黒酢の原液を朝晩に飲んでいたり、手の甲のシミを薄くするためにグレープフルーツを1日に2玉食べること等が例としてあげられます。

健康や美容への意識が高い人ほど、この酸蝕歯はなりやすいので凄くもどかしいですよね・・・

夏などで熱中症対策にスポーツドリンクをよく飲む人も要注意です。

酸蝕歯は酸にさらされる歯全部が溶けてしまう恐れがあるので、広範囲な分、局所的な虫歯に比べてもかなり深刻なのです。

スポンサードリンク


 

酸蝕歯はどうやって予防したらいいの?

酸蝕歯を予防するには、歯を酸に長時間さらさないことが一番大切です。

酸は外からの摂取だけでなく、体の中からも歯を襲います。

酸蝕歯の重症例の多くは「胃酸」が原因と言われています。

胃酸は酸性度が非常に高く、「逆流性食道炎や摂食障害の嘔吐(おうと)などで歯が溶けるというケースもあります。

原因となる飲食物の過剰摂取を控えることや、飲み方・食べ方も一度見直してみましょう。

ちびちび飲みやだらだら食べはNGです。飲み物を飲む際は、ストローを使うことで、歯への接触を少なくすることができます。

また、ガムを噛むことで唾液がたくさん出て酸を中和してくれるので、飲食後にはおすすめです。

もし、食後すぐに歯磨きをする人は、30分待ってから歯磨きを行ってください。

それは、酸で表面が軟らかくなった歯を磨くとすり減ってしまうからです。ですが、30分待てばある程度の唾液が歯のエナメル質を修復してくれるので、30分は待つことをおすすめします。

 

まとめ

酸蝕歯がどのような厄介な症状を持っているか、お分かりいただけたでしょうか?

普段意識せずに行っていることが、実は自分の歯を痛めつけている原因になっていたかも・・・

そう考えると、ずっと死ぬまで付き合っていく自分の歯は大事にしたいですよね。

毎日の生活で意識すれば少しずつ変えていけることばかりなので、無理せず徐々に毎日続けて、歯を大切にしていきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)