バルセロナが歴代2位となる驚愕の移籍金でMFデンベレ獲得!!デンベレはどんな選手??

名門サッカーチームのFCバルセロナがドルトムントからフランス人MFウスマン・デンベレを獲得したようです。

その移籍金はなんと、1億500ユーロ(約136億円)に40%程度を限度としたボーナスを加えた額で、最大で1億4700ユーロ。日本円にして約190億円に及ぶそう…

すごい金額ですよね…

ちなみに、この金額は、先日バルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマール選手に次ぐ史上2番目に高額な金額となるそうです。

そこで、今回は歴代2番目の金額でバルセロナへ移籍したデンベレ選手とは、どんな選手なのか、デンベレ選手の経歴とプレースタイルについてご紹介します♪

スポンサードリンク

ウスマン・デンベレとは?

<経歴>

1997年5月15日生まれの20歳。身長・177㎝、体重・73㎏

フランス・ウール県ブェルノン出身。

2010年からスタッド・レンヌのユースチームに所属し、2015年、トップチームに昇格しました。

2015年11月6日、アンジェSCO戦でプロデビューを果たし、11月22日、FCジロンダン・ボルドー戦でプロ初得点を記録しました。

18歳という若さでプロデビューはすごいですね…

2016年3月16日、ダービーマッチとなるFCナント戦でハットトリックを記録しました。

それから、2016年5月12日にドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントへ移籍し、昨シーズン一年間ドルトムントでプレーし、32試合出場し6得点をマークしました。

フランス・レンヌという中小クラブ上がりなので一年目のシーズンはサブで成長を待つのではないか思われましたが、プレシーズンマッチで素晴らしいプレーを見せ、実力者がずらりと揃うドルトムントでスタメンを掴んでいました。

そして、今回2017年8月25日、FCバルセロナへ5年契約で加入、移籍金は1億500万ユーロ+ボーナス、契約解除金は4億ユーロに設定されたそうです。

この移籍金は、先日移籍したネイマール選手に次いで高額な移籍金で、昨年夏にマンチェスターユナイテッドに移籍したポール・ポグバの移籍金と並ぶます。

バルセロナ史上では最高額の移籍金だそうです。

背番号はネイマール選手が着用していた11番です。

背番号からも完全にネイマール選手がいなくなった穴を埋めることを期待されてますね。

また、2016年8月29日、ワールドカップの予選に向けてフランス代表初召集され、9月1日のイタリアとの親善試合で代表デビューし、2017年6月13日のイングランドとの親善試合で代初得点を挙げました。

スポンサードリンク

<どんな選手?>

20歳という若さで3つ目のチームで強豪バルセロナまで上りつめたデンベレ選手ですが、いったいどのようなプレースタイルなのでしょうか?

デンベレ選手はサイドから切り込んでいくスピードのあるドリブラーです。

ワンタッチでスペースにボールを蹴りだし一気に裏のスペースに走り込み、さらに、そこから鋭く、深い切り返しで相手を抜き去るというような観客を興奮させるプレーができる選手です。

また、聞き足左足なのですが、右足でも精度の高いキック蹴ることができ、絶妙なクロスはもちろん、自分で運びフィニッシュできる選手です。相手DF・GKからしたらどちらから蹴るか予測を立てられないという点もすごさの一つです。

ただ、弱点もあります。

ドリブルの際視野が狭くなりがちで、フリーの選手がいて仲間に預けた方が良い場面でも自分で仕掛けて取られてしまうというシーンがあるのと、少し自己中心的なプレーがあるとこが弱点です。

さらに、守備に関しても、寄せが甘かったり、連動がとれてなかったりとディフェンスをおろそかにしてしまう場面があります。

しかしながら、まだ若いですから、今回のバルサ移籍で更なる成長が楽しみですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)